友好派

 友好派の人は、周囲と協力して皆が喜ぶ成果を出したいと考えており、次のような仕事の進め方の特徴を持っています。

  • 仕事を始める前に、どのような成果やアウトプットを求められているのか確認する
  • 経験がないこと、やっても無駄になる可能性があることにも頼まれれば挑戦する
  • 何かを判断するとき、周囲と相談し、周囲の同意を得ながら行う
  • 自分の成績よりチームの業績を上げるタスクを優先し、忠実に処理する
社交派

 社交派の人は、楽しく取り組み、今までにない成果を出したいと思っています。仕事の進め方の特徴は次の通りです。

  • 仕事を始める前に、どうすればより自分らしく作業できるかを考える
  • 興味があること、得意なことから着手する
  • 成果を出すために自分が不得意な分野は周囲を巻き込んで進める
  • 成果を出すために計画にとらわれずに臨機応変に立ちまわる

 このような社交派の人には、自分が得意だと感じることをまず任せ、不得意な分野については他の人の協力を仰いで進めるように指示するとよいでしょう。

 タイプによって好む仕事の進め方があるので、それに応じて仕事に取り組ませることが大切です。