同時に「今、自分のやっている仕事が会社に何をもたらすのか」という、自分の仕事の価値を理解できるようになります。そして、どんな仕事でも無駄なものはないということに気づき、文句を言うことも少なくなるはずです。お客様にも頭を下げることでしょう。

 「君がこの会社の社長だったら、どんな風にこの業務を考えるかい?」
 「君がこの会社の経営者だとしたら、この問題にはどう対処する?」

 こんな質問を事あるごとに投げかけてみてください。

 「社長という視点で仕事に取り組む姿勢」が若い頃に身についていれば、その後は大きな成長を遂げていくはずです。また、『全員社長主義』の視点を持った組織は、結果を出す素晴らしい組織になっていくでしょう。

 今回は、部下との相互理解を深めるうえで重要となる、部下の『価値観』を知ること、そして『全員社長主義』についてお話しました。次回は、部下の『ビジョン』を高めるということについてお話ししたいと思います。

細川 馨(ほそかわ・かおる) ビジネスコーチ株式会社 代表取締役
細川 馨

 外資系生命保険会社に入社し、支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。
 2005年にビジネスコーチを設立。エグゼクティブコーチ育成のスクールを主宰。著書に『あなたの成果が爆発的に飛躍するできる仲間の集め方』(日経BP社)、『上司は社員と飯を食え』(日経BP社)、『「右腕」を育てる実践コーチング』(日本経済新聞出版社)など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。