入江倫成
株式会社 IPイノベーションズ ビジネス ディベロップメント パートナー

 私がICT業界を専門に、人材開発コンサルタントや研修インストラクターという立場で仕事をするようになって約10年が経過しました。この仕事を始めた頃、この業界の名称は“C”を入れずにIT業界と言われることが一般的だったと記憶しています。しかし、最近ではその逆です。数年で名称が変わる産業界?--ICT業界以外で名前が変わった業界があるだろうかと考えてみましたが、思い当たりませんでした。それ自体がこの業界の技術変化や構造変化の速さを物語っているのではないでしょうか。

 本コラム「ICT業界人材開発部への6通の手紙」は、そんな変化の激しいICT業界で企業内人材開発に携わっている皆様に向けて書いていきます。タイトルは手紙ですが、一方的な手紙ではなく、皆さんからお返事を頂けるような充実した中味を目指したいと思います。合計6回で、内定者・新人・プロジェクトリーダー・営業(アカウントマネジャー)といった各人材開発領域に関して、「研修企画に役立つ情報提供」を目標としています。人材開発課題は各社固有の部分と共通部分とがありますが、このコラムでは共通部分を扱います。

 第1回目の今回は、総論と言うか、私が今感じているICT業界全体の変化、特に人材開発に関わる変化に関して整理してお伝えできればと思い書きました。

昔と今--現場インタビューから見える変化とヒント

 人材開発部の仕事を、私なりにいくつかの領域に整理すると次のようになります。

 この中から今回は「人材開発施策の企画」の領域について詳しく述べます。

【10/8 人材育成や人材開発に携わる方向けに無料セミナーを開催します!】
◆テーマ
コスト削減、効果最大化を実現!
【ストーリー性】と【職場育成力】から「新世代」対応型の新人研修を考える

◆主催 ヒューマンキャピタルOnline、日経BPマーケティング
◆協賛 IPイノベーションズ、トゥビーイングズ
◆申し込みサイト http://www.nikkeibpm.co.jp/semi/1008/