ミッションは“成長=よい変化”を生み出す機会を創造すること

入江:一般論で構わないのですが、高橋様は企業における人材開発部門はどのような機能を担うべきであると思っていますか?

高橋:事業というのは“人”そのものですから、その“人”の育成を担っている人材育成部門というのは経営とリンクした重要な部門で経営企画の一翼だと思います。そして人材育成は、常に企業がこれから進むべき道とリンクさせていかなければなりません。日本ユニシスでも人材モデルというキャリアデザインの目標を作って取り組んでいます。みんなに必要なことですが、「外を知る己を知る、そして技術の流れを踏まえて己を知る」――それを育成視点に落としていくことになるんだと思います。

入江:ではそんな日本ユニシス様にとって、人材育成センターはどのような存在であると定義されているのでしょうか?

高橋:私たちのミッションはシンプルで「部門のお役に立ちます」です。現場社員の皆さんが成長してもらうことを支援することが私たちの役割ですね。個人的には“成長=よい変化”だと思っているので、現場社員の皆さんがビジネス環境の変化に対応して、よい変化を起こせる機会や場所を提供することが私たちの使命となります。

入江:もう少し話を具体的にお聞きしますが、企業戦略と対応した育成施策の最近の例を教えて頂けますか?

高橋:「クラウドビジネスの推進」というのがユニシスの大きな方向性ですので、それにまつわる育成施策が分かりやすいかも知れません。従来の施策にクラウドビジネスの要件を盛り込むようにしていることと、もっと大きな視点でBPOやビジネスクリエートをやる上での要件を取りまとめています。

 例えば「案件対応力強化」というものをやっていますが、これは製造流通事業部門とのディスカッションの中で企画・実現化したものです。内容としては、先ほどの申し上げたビジネスクリエーションに通じていて「もっとお客様の意思決定の上流工程に関わること」の意識付けをするような目的でやっています。その意識の中、実際のお客様からのRFPに対する提案骨子を作りこむワークショップで、ファシリテーターもテキスト類も100%自社内製でやっています。

入江:その施策を製造流通事業部門様とのディスカッションからワークショップとして実施されるまでに何か苦労はありましたか?

高橋:現場と一緒に作り上げてくるものなので、特段難しいことは無いですね。しっかりと製造流通事業部門の事業部長やマネージャーにレポートして、フィードバックをもらって毎回ブラッシュアップしていくことを怠らないことだと思います。参加者にも事後にインタビューをしたりしています。苦労になるかどうか分かりませんが、「やりっぱなし」にならないようにその辺りは意識して運用していますね。

メンバーの関わり合いや深いレベルで会話ができる素地を作る

入江:事業部長やマネージャーからはどんなフィードバックが出てくるのですか?

高橋:研修内容に関してももちろんなのですが、部下を研修に出す立場として独特の意見が出てきますね。例えば、これまで業務負荷を考慮して1日で完結していたのですが、「1泊2日の宿泊研修にしてもらっていいので、参加者同士が徹底的に本音で語り合う場所を作り上げてくれ」などというものです。これは普段忙しくて深いコミュニケーションができていないことに、マネージャーとして問題を感じているから出てくる意見だと思います。

 いくら「創造性」や「ビジネスクリエーション」というキーワードを先行させても、ビジネスアイデアは出てきません。実はビジネスアイデアは、様々なメンバー同士の関わり合いや深いレベルでの会話ができる素地があって初めて出てくるものだと思います。そういった「場所づくり・機会づくり」も私たちに求められる期待の一つなので、しっかりと拾って次回以降に反映させていきます。

入江:「本音で語り合う場」は重要だと思いますが、どんな成果を目標に実施されるのですか。育成施策のROIに関してはどう考えていますか?

高橋:ROIで考えることは重要だと思いますが、すべてではないと思います。もちろん事前にR、つまり効果やビジネスインパクトを現場と話し合うことや、参加者が事後に研修内容をどのように生かしているかなどのインタビューはしています。しかし個人的には、あまりROIの構造に囚われてしまうと人材育成は何か違ってしまうのではないかとも思います。そもそも育成というのは中長期的な観点が必要ですし、育成施策とビジネス成果の間の因果関係はそう簡単に結論付けられませんよね。私も「売り上げのあがる研修をやってくれ」と現場から言われますが「そんな研修があったら昔から実施しています」と言っています。

入江:高橋さんにとって人材育成の仕事のやりがいって何でしょうか?

高橋:前述のとおり、現場の皆さんによい変化をしてもらう機会を提供するのが私たちの仕事です。そのためにはまず自分が日々変わり続けないといけないと思っています。自分が学んでいないのに、誰かに学べと言えないですからね。まず自分が変化する、そういう意味でとても前向きな仕事で楽しいです。あとは、ある研修の講師として登壇し、後日受講者から「あの研修評判いいですよ」なんて言われるとうれしいです。その人の変化に少しでも関われたかなと思えるので。

入江:ありがとうございます。最後に他社の人材開発部門の皆さんへメッセージがあればお願いいたします。

高橋: 出せる情報は出し合って、全体で知恵を高めあっていけたらと思います。変化の激しいICT業界ですので、協力できる部分は協力できればと思います。

*本コラムにおける記述、図等を使用されたい方は、必ず事前に株式会社IPイノベーションズの許可を取ってください。