続いて会ったのは、売上げ確約マーケッターのドラゴン・コンサルティングさんだ。営業の人が来るのだろうと思っていたら、名刺を交換してびっくりした。なんと西園寺龍さんご本人だった。

「どうも、はじめまして。ドラゴン・コンサルティング、売上げ確約マーケッター西園寺龍です。このたびはご連絡いただきまして、ありがとうございます」

 ぱっと見、普通のおじさんという印象だったのだが、話し始めたらともかく声が大きくて早口だ。

「こちらこそ、ご足労いただきまして」
「いえいえ。ネットで調べてご連絡いただいたそうですね」
「はい。ご本も拝見しておりまして、ぜひ弊社のマーケティング研修についてご相談をお願いしたいと思いまして」
「本を読んでくださいましたか。それは嬉しい。ありがとうございます」

 読んだっていうか、本屋で立ち読みしただけなんだけど…という真実は伝えにくい。

圧倒され、要望を伝えられない

 私はこの前パフォーマンス・ラーニングさんにしたのと同じように、まず目標などが書いてある資料を渡した。

「研修自体は9月後半から10月の上旬あたりに1日で実施をしたいと思ってます」
「9月ですか! そうするとこちらの都合で申し訳ないですが、28日なら可能です」
「えっ」

 私はまだ、実施時期と日数の話しかしていない。いきなり28日と言われても…。西園寺さんは渡した資料をちらっと見て、話し始めた。

「営業担当者向けのマーケティング研修ですか。最近は、営業にもこういった知識が求められるようになってます。自主的に本などで勉強される方もいますけどね。まずは、基本的な知識として必須なのが4Pです。4Pって、ご存知?」
「Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)ですよね…」

 なんだかテストを受けているみたいな気分になってきたよ。

「正解! でも、こんなことも知らない営業っていうのが、世の中いっぱいいるわけですよ! ああ、こんなこと言ってはいけませんね、失礼。貴社の営業さんも、いろいろな方がいると思いますけど、顧客の心理をどうやってつかむか、それがマーケティングの本質でして…」

 まるで怒涛のように、西園寺さんの話は止まらなかった。ご自身のありがたいマーケティング理論が、延々と展開されていく。手を振り回しながら話すので、手首にはまっている金ピカの太い腕時計が気になって仕方がない。あれ、いくらするんだろう…。