その後、過去に研修を依頼したことのある2社のベンダーさんと会って話をしたのだけれど、どちらもパフォーマンス・ラーニングさんと似たり寄ったりの反応が返ってきた。提案書と見積が少しずつそろい始めた。事前の打ち合わせだけで、レベルアップ総研の最上さんにお願いしたいと思っていたけれど、比較検討は必要だ。

 最上さんの見積は少し高いものの、ドラゴン・コンサルティングの西園寺さんみたいに超高額というわけではない。事前ヒアリングや中間課題、フォローアップまでが含まれていることを考えると、妥当な金額だと思う。同じくらいの金額でパフォーマンス・ラーニングの山本さんが出してきていたが、これは通常のマーケティング・ベーシックというコースに、オプションで課題の実施と添削がついているだけのものだ。

永塚さんも即決、レベルアップ総研さんに決定

 書類を机の上に広げて見比べていると、永塚さんがやってきた。

「元谷さん、ベンダーさん選びは順調?」
「目標が厳しかったせいか、こちらの話を受け止めてくださる方が少なくて…。今川先生からご紹介いただいた、レベルアップ総研の最上さんにお願いしたいなって思ってるんですけど」

 最上さんの提案書を永塚さんに渡す。永塚さんはその場で中身を確認した。

「ちゃんと目標達成を意識した、いい提案じゃないか」
「ですよねぇ」
「他のところは?」

 他のベンダーさんの提案書も永塚さんに渡すと、永塚さんは次々と手早く読んでいった。

「これは、レベルアップ総研さんで決まりだな。この提案書と見積書に稟議書つけて、急ぎで倉持部長の許可をもらってから発注して」
「はーい、了解です」

 マーケティング研修、ちゃんとお願いできるところが見つかって、本当によかった! 飛び上がって喜びたいくらいだったけど、本当に喜ぶのは研修の成果が出てから…。つまり、このプロジェクト全体が終わる来年3月を過ぎてからだ。私は気合を入れ直した。