佐藤 雄一郎
学校法人産業能率大学総合研究所 マーケティングセンター長

 今回は、「人材育成に関する実態調査(2011年度版)」をもとに、企業における人事・人材開発担当者が、自社におけるOff-JTの実施目的をどのように捉えているのかを整理していきます。

図1:Q貴社におけるOff-JTの実施目的について
[画像のクリックで拡大表示]

 この設問は、4段階評価(4「当てはまる」、3「やや当てはまる」、2「やや当てはまらない」、1「当てはまらない」)を用いて回答してもらいました。データの見方として、1~4それぞれの回答割合を見るとともに、肯定的回答割合(3「やや当てはまる」と4「当てはまる」の合計)を見ていきます。

 加えて、便宜的に、4「当てはまる」を4点、3「やや当てはまる」を3点、2「やや当てはまらない」を2点、1「当てはまらない」を1点として、全回答を加重平均して、平均値を確認する方法もあります。値は1~4の間なので、中央値が2.5になります。2.5を上回れば肯定的、2.5を下回れば否定的な傾向であるといえます。

 全体結果として、以下のようにまとめられます。

図2:各回答の比率
[画像のクリックで拡大表示]

 Off-JTを実施する目的で肯定的な回答が多かったのは、「11.~14.階層や役割、あるいは部門ごとに求められる知識・スキルの向上をはかるため」と「9.社員のモチベーションを高めるため」でした。一方、否定的な回答で特に目立ったのは「15.語学力を高めるため」でした。また、「7.ダイバーシティ対応」、「8.グローバル対応」といった今日的なテーマそのものをOff-JTの実施目的とするケースは現段階では少ない状況でした。

 Off-JTについては、階層・役割・部門において求められる基礎的な知識・スキルの習得が中心となっています。特にOff-JTは、OJTを効果的に補完して、基本的な部分を習得してもらうのに活用されているようです。加えて、社員のモチベーション向上やキャリア意識の醸成(6.平均値2.6)など、キャリア開発支援としてもOff-JTは活用されています。