実践方法4:「かんかん」発想を毎日実践する

「かんかん」発想とは「まず感じて、次に考えよう」という面白工学で重視するプロセス発想です。毎日、誰にでもできる方法があります。

 どんなことであれ、いきなり考えようとせず、考える前にまず感じる(イメージする)ことです。しかもできるだけ広く、たくさん感じることです。そのためには「遊び心」を持って気軽に面白くやることです。まじめさだけでは、多くを感じることはできません。まじめすぎると、感じるよりあれこれ考え込んでしまいます。

感動&面白体験記を毎日書く

 例えば、まず感じたこと、イメージしたこと(キーワード)をその場でメモするか、スケッチ(絵や図)を描いてみることです。あるいは1日を振り返って感動したこと、面白かったことを日記にする。感動&面白体験記を毎日書くのです。

 いきなり考えず、まず感じてみる、イメージしてみる。この発想を自覚して毎日継続すると、意識しなくともできる習慣となります。まず感じてそれから考えること、つまり「かんかん」することを習慣化してしまうことです。私はマイブログでそれを実践しています。