リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 ビジネスは、毎日が問題解決の連続です。大なり小なり、ありとあらゆる所から降りかかってくる問題に対し、ビジネスパーソンは瞬時に判断を下し、前進していかなければなりません。しかし、経営について勉強したり、業務経験を積んだだけでは、「知識」や「勘」は身についても、「真の思考力」はなかなか身につかないものです。「真の思考力」とは「知識」や「勘」を上手に活用しながら、本質的な問題を探り当て、それを解決していくための「スキル」であるからです。

 本コラムでは、戦略コンサルタントが日々活用しているロジカル・シンキング手法を基礎から紹介します。ロジカル・シンキング力を鍛えるための頭の体操や、アメリカを中心に起こっている出来事をケースとして取り上げながら、読者のロジカル・シンキング力を刺激していきます。

慣れ親しんだものからの脱却を図る「So What?」「Why So?」

 前回のコラムでも解説したとおり、「だから何なのか?」「なぜそう言えるのか?」を繰り返して本質的な原因を追究していく作業を、「So What?」「Why So?」と呼びます。この「So What?」と「Why So?」を繰り返すプロセスは、ロジカル・シンキングを使って本質的な問題を見つけ出し、解決方法や具体的な実行計画を策定していくために、非常に大切な要素です。

 競合相手に対して優位性を構築するための施策が、「なぜ?」を1、2回たずねた程度で出てくる答えであったとしたら、競合相手もすぐに真似をすることができ、簡単に追い抜かれてしまいます。大きな優位性を生み出す原動力となるのは、「今までの取り組みの改善型」ではなく、「まったく新しい戦略的な取り組み」であるはずです。そのような戦略は、今まで慣れ親しんだ情報でまかなうことのできるものであるはずがありません。

 人間は誰しも自分の関心ごとや、自分が日ごろ慣れ親しんでいる文脈に沿って物事を解釈しようとする傾向にあります。しかし、ある情報が示す事実を相手も同じように観察しているとは限らないのです。特に、価値観の異なるグローバルチームなどにおいては、自分の「当たり前」は通用しません。ですからから、「わざわざ『So what?』を伝えなくても見ればわかる」と思っていると、それは大きな落とし穴となってしまいます。

 「So What?」と「Why So?」を繰り返すプロセスは、課題の当事者たちに共通の理解を持たせるだけでなく、更に本質的問題の核心へと課題を深堀りしていくことを助けてくれます。