3つのC

 まずは、3つのCと呼ばれるフレームワークをご紹介します。

 3C分析は、企業の事業環境分析や企画立案において定番とされる手法です。ビジネスを市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)という3つの異なる視点から見ることで、そのビジネスにおける課題や成功要因を見つけ出し、これからの戦略を考えることが狙いです。

 このフレームワークは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)という項目のバランスがよく、MECEにビジネスの全体像を大まかに把握することができます。それぞれのCについて、次のような項目を検討していきます。

自社(Company)
自社の経営資源や企業活動について、現状はどうなっているか?強み、弱みは何か?

  • 経営資源(生産能力、従業員数など)
  • 業績(売上高、利益、キャッシュフロー、市場シェアなど)
  • 戦略(集中戦略、差別化戦略など)
  • ブランドイメージ
  • 品質、技術力、販売力
  • 組織力

競合(Competitor)
「自社にとっての競合はどこか?」を明確にした上で、自社分析と同様、現状、強み、弱み、経営資源、業績、戦略などを分析。そのほかの検討項目としては下記などがあります

  • 寡占度(競合の数)
  • 参入障壁や価格競争の有無

市場・顧客(Customer)
自社の製品やサービスに対し、市場の反応を分析

  • 購買人口(潜在顧客はどの程度か?)
  • 市場規模、成長性(現在の市場規模や今後の成長の見通しは?)
  • セグメント(市場はどのようなセグメントに分けられているか?)
  • ニーズ(そのセグメント内でのニーズは何か?)
  • 業界構造(業界の構造的特徴は?詳細は後述するファイブフォースを参照)
  • 購買意思決定までのプロセス(どの程度競合と比べ、どのくらい時間をかけて購買に至るか?)
  • 購買決定者(購買の意思決定者は誰か?)
  • 購買行動に影響を及ぼす要因(価格、ブランド、デザイン、品質…)