ファイブフォース (5 Forces)

 ファイブフォースとは、業界に影響する5つの力から、「その業界がどういう特徴を持っているか」「どの程度儲かるか」「どの程度投資がかかりそうか」など、業界の収益構造や競争におけるキーポイントを判断するためのフレームワークです。経営資源の優先投入先、新規市場参入の可否、業界の魅力度の検討、事業撤退の検討などの際に役立ちます。

 5つの力とは、次のものを指します。

  1. 新規参入の脅威
    新規参入は競合他社の増加に繋がり、新規参入が容易な業界は収益性の低下を招き、新規参入が難しい業界は、既存企業に有利に働く
  2. 代替品の脅威
    自社製品よりも対比要綱か(対費用効果??)で優れた製品や、従来機能を異なる媒体で代替できると、自社の競争力低下に繋がる
  3. 買い手の交渉力
    製品の差別化が難しかったり、買い手の情報量が多い場合、買い手の交渉力が強くなる
  4. 売り手の交渉力
    少数企業により業界を寡占していたり、企業特有の技術や特許によって権利を保護された製品を持つ場合、売り手の交渉力が強くなる
  5. 業界競合他社
    業界内の競合状況が激しいほど、業界の魅力度は小さくなる。激しい競争は、利益率の低下はもちろん、稼働率を上げて業績を上げようという傾向により、総資産回転率(売上高/総資産)や有形固定資産回転率(売上高/有形固定資産)が高くなることがある