プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)

 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)は、自社事業の全体感をつかみ、どの製品事業にどのような投資を行う必要があるのかを見極めることが狙いで、規模の経済性が働く事業における事業戦略の方向性を考える上で有効なフレームワークです。

 下記のように、縦軸に市場成長率、横軸に相対マーケットシェアをとってマトリクスをつくり、事業を4つの象限に分類します。

 今回のコラムでご紹介したフレームワークには、3、4、5などの数字が多いことにお気づきかと思います。物事を分析する場合、3つ~5つの要素に分解して考えるのが人間の脳には最もわかりやすいといわれています。特にこれらのフレームワークは、初期段階の分析に効果的でしょう。

 次回のコラムでは、もう少し踏み込んだ、複雑な分析を行う際のフレームワークをいくつかご紹介します。

リップシャッツ 信元 夏代(りっぷしゃっつ・のぶもと・なつよ)

アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役
ブレイクスルー・スピーキング代表

リップシャッツ 信元 夏代  早稲田大学商学部卒。ゼミ専攻は「異文化コミュニケーションとビジネス」。NYUにてMBA取得。1995年に渡 米後、伊藤忠インターナショナルにて鉄鋼、紙パルプ業界の営業・事業開発に携わる。その後マッキンゼーに て消費財マーケティング・事業プロセス改革などの業務に携わった後、2004年に、事業戦略コンサルティング 会社のアスパイア・インテリジェンス社を設立。
 TEDxTalk スピーカー。2013年、2014年春季トーストマスターズインターナショナルの国際スピーチコンテス トでは、日本人初の地区大会優勝2連覇を果たしている。この経験を受け、2014年9月にブレイクスルー・スピ ーキングを設立。グローバルに活躍したい日本人のためのグローバルパブリックスピーキングのE-learningプ ログラムを中心に、個人コーチングセッション、企業内研修等も行う。
BREAKTHROUGH Speaking: https://www.btspeaking.com

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。