リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 起業を決心する理由は人それぞれでしょう。しかし、それが単なるひらめきや思いつきでは長期的に成功していくことはできません。起業の目的と、達成したい短期的・長期的ゴールを最初に明確にしておくことがまず大切です。そして、前回のコラムでも述べたとおり、起業しようとしている事業内容が、独りよがりなものではなく、社会から求められているものかどうか、が重要ポイントのひとつです。今一度、次のことをよく考えてみてください。

「なぜその業種なのか」
「なぜ自分でなければいけないのか」
「自分が行う事業のミッションやビジョンは何か」
「その事業を通し、どんなバリューを誰に与えることができ、何を解決することができるのか」

 これらのことがクリアになったら、その事業のアイデアが単なる自己満足に終わらないよう、確実にチャンスを掴み、実現させていかなければなりません。今回のコラムでは、ビジネス・アイデア、ビジネス・チャンス、そしてその実現化について考えてみたいと思います。

ビジネス・チャンスを見極める

 常にアンテナを張り、好奇心旺盛に毎日を過ごしていると、ビジネス・アイデアというのは意外とそこら中に見つかるものです。問題は、それを自身の事業にとってのビジネス・チャンスと捉えるかどうか、です。それを考えるにはまず、ビジネス・アイデアとビジネス・チャンスを次のように定義してみましょう。

ビジネス・アイデア:事業を興す当事者が誰であるか、また事業の目的などに関わらず、ビジネスと成り得る全ての素材である

 それに対し、

ビジネス・チャンス:それぞれの起業家とその事業の目的やゴール、ミッションに沿った素材であり、「世間に空いている穴」を埋めることができるような事業内容である。つまり、単なる思い付きやひらめきとは異なる

 つまり、ビジネス・チャンスを見極めるには、見渡せばゴロゴロと転がっているビジネス・アイデアを、厳しい目で様々な基準のもとにスクリーニングする必要がある、ということです。どのビジネス・アイデアが、自分の事業にとってのビジネス・チャンスであるかを見極めるには、まずは起業の目的とゴールの明確化が大前提です。その上で、「世間に空いている穴」の存在を確認し、自身のビジネス・アイデアがその「穴」を埋めることができるものである、と確証するためのプロセスが次に必要になります。それが、ビジネス・チャンスを「つかむ」ステップへと繋がります。