中村 文子
ダイナミックヒューマンキャピタル代表取締役

『採用基準』-地頭より論理的思考力より大切なもの
伊賀 泰代 著 / ダイヤモンド社 / 1,575円(税込) / 248ページ

 マッキンゼーに17年間在籍し、その中で採用マネジャーを10年以上務めた著者が、その経験を基に採用についてまとめた一冊。マッキンゼーがグローバルな基準として大枠に持っているのは、(1)リーダーシップがあること、(2)地頭がいいこと、(3)英語ができること ―― の3つであるという。そのうち「日本の“優秀な”人が持っているのは(2)だけであり、残りのふたつは絶望的に欠けています」と言い切る。おそらく“優秀な”学生が集まるであろうマッキンゼーの担当マネジャーがそう感じているというのは、聞き流せない。「グローバル人材」という、使い古された感がある言葉も、「本当に『グローバルな競争力を持つ人材』とはどういう人材なのかすら理解されていない」と警鐘を鳴らす。

 この本は、リーダーシップを身につけ自分の人生のコントロールを持つことで、キャリア形成に役立ててもらいたいという趣旨で書かれている。裏を返せば、そのような“優秀な”学生を採用しようという企業にとっては、どうすれば“優秀な”学生にとって魅力ある職場になるかを考える絶好の題材である。

 今年も採用活動・就職活動の季節。受ける側から見た自社の魅力とは何か、採用基準やプロセスはどうあるべきかを考える材料にしてほしい。

関連図書

『なぜ、あなたの会社には優秀な人材が定着しないのか~採用と人事で成功している社長の共通点~』
樋口 弘和、主藤 孝司、起業家大学 著 / 青柳 まさみ 編 / 起業家大学出版 / 6,090円(税込)