リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 ビジネスプランの策定は、事業の戦略をしっかりと立てるための非常に重要なステップです。しかし、一口に「戦略を立てる」と言っても、何をどのようにどんな順番で考えていけば良いか分からない。あるいは、考えるべきことが沢山あり過ぎ、まとまりがつかなくなってしまう。そんな経験をした事はありませんか?

 そんな時に体系立てて進められるよう、コンサルタントの隠し技 ―― 戦略設計のための最も基本的なフレームワークをいくつかご紹介いたします。

ポーターの「5 Forces」

 まずポーターの「5 Forces」。このフレームワークは、その産業がおかれる市場の状況や競合環境について考えるためのフレームワークです。業界に影響する5つの力から、「その業界がどういう特徴を持っているか」「どの程度儲かるか」「どの程度投資がかかりそうか」など、業界の収益構造や競争におけるキーポイントを判断するものです。最初に基本的な全体像をつかむため、以下のような競争の5つの要因(5 Forces)を用いて業界構造を分析し、外部競争環境を把握しましょう。

1.業界競合他社(Industry Competitors)
 同業者の数や同規模企業の数、業界の成長性、固定費や在庫コストの高さ、製品・サービスの差別化の度合いなどによる、既存競争業者間の敵対関係の強さを把握します。業界内の競合状況が激しいほど、業界の魅力度は小さくなります。激しい競争は、利益率の低下はもちろん、稼働率を上げて業績を上げようという傾向により、総資産回転率(売上高/総資産)や有形固定資産回転率(売上高/有形固定資産)が高くなることもあります。

2.買い手の交渉力(Buyer)
 買い手側が供給側に比べ、「どのような立場関係にあるのか?」を把握します。製品の差別化が難しかったり、買い手の情報量が多い場合、買い手側の交渉力が強くなります。

3.供給側の交渉力(Supplier)
 供給側が購買者側に比べ、「どのような立場関係にあるのか?」を把握します。少数企業により業界を寡占していたり、企業特有の技術や特許によって権利を保護された製品を持つ場合、売り手の交渉力が強くなります。また、そのような環境の中で新規に参入しようとする場合、参入障壁が高いことも考えられます。

4.新規参入の脅威(New Entrants)
 新規市場参入者の脅威や、新規参入に関わる投資レベル、難易度などを把握します。新規参入は競合他社の増加に繋がり、新規参入が容易な業界は収益性の低下を招きます。逆に、新規参入が難しい業界は既存企業に有利に働きます。

5.代替品の脅威(Substitutes)
 その商品に変わりうる代替品・サービスの可能性、脅威の度合いを把握します。自社製品よりも対費用効果で優れた製品や、従来機能を異なる媒体で代替できると、自社の競争力低下に繋がります。