トップの人間力と理念浸透が成長の糧に

 規模がまだまだ小さい中小企業では、トップが自らすべてを取り仕切らざるを得ない場面にたくさん遭遇するでしょう。任せても思うように動いてくれない。そんな苛立ちを経験することも多々あるでしょう。しかし社員は勝手に育っていくのではなく、知らず知らずのうちにトップの姿を見ながら育てられていくのではないでしょうか。「起業」から「企業」へ、そして「大」企業へ、と成長するためにはもちろん様々な要素が必要です。なかでも根底部分で重要なのが「トップに立つ人間の人間力」。それにかかっている、といっても過言ではないかもしれません。

 また、どんな組織にも必ず「その組織固有の価値観(バリュー)」が複数存在するものです。ところが、それを社員全員に浸透させていく、というところまでなかなか手が回らない、という企業も少なくないでしょう。

 2005年に発表されたブーズアレンハミルトンとアスペン研究所の研究結果によると、企業の経済的価値の実現には、

  • バリューへの社員の姿勢
  • 意思決定へのバリューの反映
  • バリューの組織への浸透

などがきわめて強い相関があることが明らかになっているのです。その理由は主に次の3点にまとめられる、と考えられます。

  1. 企業の独自性が明らかになり、その企業の提供する価値を求めているお客様から選ばれやすくなる(他社との差別化)
  2. 企業にとっての優先順位が明確になり、困難に直面したときや現場レベルでの意思決定がスピーディに行われる
  3. 社員にとって、日常業務がより意味深いものとなり、働く意義を実感できる。それによる労働意欲の向上や定着率の改善が期待できる(エンゲージメントの強化)

 ただし、社員一人ひとりも必ず個人の価値観を持ってるものです。「組織の価値観」は、社員一人ひとりの「個人の価値観」と深く関わりあいながら、社員の行動や組織の方向性に大きな影響を及ぼしています。従って、組織の価値観の存在に気づき、それらを明確化し、個々人の価値観とベクトルを合わせていくことが、組織特有の力を最大限に発揮し、成長の道をたどっていく秘訣につながるのです。だからこそ、会社の理念をトップ自らが常に語り、社員からの共感を得ていく努力も欠かせないのです。

リップシャッツ 信元 夏代(りっぷしゃっつ・のぶもと・なつよ)

アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役
ブレイクスルー・スピーキング代表

リップシャッツ 信元 夏代  早稲田大学商学部卒。ゼミ専攻は「異文化コミュニケーションとビジネス」。NYUにてMBA取得。1995年に渡 米後、伊藤忠インターナショナルにて鉄鋼、紙パルプ業界の営業・事業開発に携わる。その後マッキンゼーに て消費財マーケティング・事業プロセス改革などの業務に携わった後、2004年に、事業戦略コンサルティング 会社のアスパイア・インテリジェンス社を設立。
 TEDxTalk スピーカー。2013年、2014年春季トーストマスターズインターナショナルの国際スピーチコンテス トでは、日本人初の地区大会優勝2連覇を果たしている。この経験を受け、2014年9月にブレイクスルー・スピ ーキングを設立。グローバルに活躍したい日本人のためのグローバルパブリックスピーキングのE-learningプ ログラムを中心に、個人コーチングセッション、企業内研修等も行う。
BREAKTHROUGH Speaking: http://www.btspeaking.com

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。