リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 海外に旅行したとき、「日本ではこんなことありえない!」と思った経験はありませんか?

 「日本の常識、世界の非常識」という言葉があるように、日本は独自の文化や価値観を持っている国です。異文化で大切なのは、そんな常識・非常識のズレに遭遇した時、「日本だったら…!」「自分だったら…!」と考えるのではなく、「おかしいのは相手ではなくて、自分かも?」と考えてみることのできる客観的余裕です。本シリーズでは、ビジネスの場を中心に、日米間の価値観のズレについて実際のエピソードを交えてお話していきます。

あうんの呼吸は非常識?!

 異文化コミュニケーションの分野で、「高コンテクスト」「低コンテクスト」のフレームワークがあります。「情報」をコミュニケーションする上で、どのような手法を取るか、を比較するための尺度です。情報とは「言葉によって語られた内容そのもの、情報それ自体」のことで、すなわち「言語メッセージ」ということができます。「コンテクスト」とは文脈のことで、「非言語メッセージ全般」といえましょう。

 この、高コンテクスト、低コンテクストの尺度の上に各国の文化を当てはめてみると、日本は最も高コンテクストの文化だとされています。そしてアメリカはというと、典型的な低コンテクストの文化です。つまり、日本では「空気を読む」「場を察する」「行間を読む」「あうんの呼吸」など、「非言語メッセージ」から情報を汲み取るというか汲み取れるのです。一方アメリカでは、そのような非言語メッセージよりも「言語」に大幅に頼った情報のとり方をするのが一般的です。

 たとえば日本人同士ならば、同僚が発する「分かりました」が、“心からその仕事がやりたくて引き受けた”「分かりました」なのか、強引に押し付けられた“いやいや引き受けた”「分かりました」なのか、大体は聞き分けることができます。ところがアメリカ人の場合、「あなたが言っていることはそのまま情報として理解でき、受け止めた」という解釈がされるでしょう。

 では高コンテクストな日本人と低コンテクストなアメリカ人の間で「分かりました」が発せられた時はどうでしょう。相手のアメリカ人に意見する立場ではないと考えて、しぶしぶ「OK」と言ったとしても、アメリカ人にはそれが“積極的なOK”なのか、“消極的なOK”なのか、察してもらえる確立は非常に低くなるでしょう。それどころか、しぶしぶOKしてやる気のないあなたに対し、評価が下がるかもしれません。「そこのところ察してくれよ」と心の中で思ったとしても、後の始末。あうんの呼吸なんてものは全く通用しません。それどころか、相手にとっては「思ってることをはっきり言葉で伝えないなんて理解できない。あなたこそ非常識」と思われておしまいかもしれません。