『小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書』
『小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書』
岩崎 邦彦 著 / 日本経済新聞出版社 / 1,680円(税込) / 272ページ

 「よいモノをつくれば売れる」時代は終わりを告げた。よく言われるように、日本には「モノづくりでは勝った」が「ブランドづくりで負けた」企業が多いのではないだろうか。では、どうすれば強いブランドを生み出すことができるのか。あるトマトのブランディングを例に解説しながら、ブランドづくりについてまとめられている。

 調査結果・データやブランディングの理論を基本にしながならも、ラグジュアリーブランドや大手企業有名ブランドの例だけではなく、「松阪牛対静岡和牛」、京都、沖縄、北海道という地域ブランドなどの例で説明されていて、イメージしやすく入りやすい。

 人事の仕事には自社を代表する側面が少なからずあり、これもある意味で自社ブランドをつくり、高め、維持する役割であると言えるだろう。自社というブランドを担う人に、ブランディングの基礎が学べる一冊である。

関連リンク

『P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡』
デーヴィス・ダイアー、オウェナ・オレガリオ、フレデリック・ダルゼル 著 / 足立 光、前平 謙二 訳 / 東洋経済新報社 / 3,675円(税込) / 380ページ

中村 文子(なかむら・あやこ) ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社 代表取締役
中村 文子

 大阪府出身、神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科 卒業。マイクロソフト株式会社名古屋営業所 勤務を経て、P&Gジャパン、ヒルトン東京ベイにて人材育成・組織開発に従事。2005年より現職。2006年にASTDのカンファレンスで人材育成の世界的権威、ボブ・パイク氏のセッションに初参加、大きな衝撃を受ける。トレーナー認定のプロセスを経て、2007年秋、日本人初のトレーナーとして認定される。専門分野は、トレーナー養成、ホスピタリティ、管理職研修、ビジネスコミュニケーションスキル研修など。ホテル業界、製薬会社、電機メーカーなどの業界で、活動中。早稲田大学エクステンションセンター、日経ビジネススクール、日本能率協会にて、講師実績あり。
●ダイナミックヒューマンキャピタル
http://www.d-hc.com/
https://www.facebook.com/DynamicHumanCapital/
●中村文子ブログ
http://www.d-hc.com/blog

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。