これが目標なのですが、実は、ダイバーシティなのに昭和型組織になっている企業が多いように感じます。つまり、働く人は多様になっているのに、組織は昭和型になっているのです。理由は経営陣や管理職が昭和型の企業戦士のままで働いているからです。

 これではダメなのです。多様な人たちが働いているけれど、活き活き働いていない、共鳴しないどころかすり減っていっているような組織になっています。私たちが目指すゴール、ダイバーシティ&インクルージョンな組織風土とはどんなものなのかチェックシートを作ってみました。