研修を受けたくても、上司は仕事最優先

 そんな意欲ある30代の男性管理職たちの上司たちには、彼らの意欲を踏みにじるような声をかけてくる人もいるようです。

「こんな忙しい時に、よく研修なんかに行く暇があるな?」
「研修のあと、会社に戻ってくるんだろうな。何、泊まりなのか?」
「何かあったら、電話するからな?」

 昭和の時代感覚の発言です。私は45歳以上の昭和企業戦士をたくさん企業研修で教えてきましたが、企業戦士度が濃いほど研修の受講態度が悪いというのは言うまでもありません。「研修」よりも目の前の仕事が何しろ最優先、仕事の現場で成長すればいいから研修なんて必要ないという感覚で働いてきているから、部下が研修を受けること自体が理解できないのです。

 時代遅れの昭和企業戦士の方々にお願いがあります。あなたたちがそのまま、昭和企業戦士でいたいというのは、まあ仕方がないかもしれない。しかし、これからの会社を支える30代の若き男性管理職たちの、学び成長しようとしている姿をしっかり受け止めて、応援してください。なぜなら、20年後、あなたは会社にいなくても、彼らはこの会社で、まさにあなたのポジションで働いているのかもしれませんから。

 そして30代の男性管理職たち、45歳以上の上司の昭和企業戦士DNAを受け継がないように気をつけて、ダイバーシティのロールモデルとなる男性管理職、イクボスを目指してください!

植田寿乃氏のセミナー
女性活躍推進を成功に導く重点施策〜日立グループの推進キーパーソンが語る、経営戦略としてのダイバーシティ推進〜
【日時】2016年6月14日(火)
【会場】日本経済新聞社西部支社(福岡市博多区)
-----------------------------
『モチベーション・マネージメント』2日間コース〜部下・メンバーのモチベーションを引き出すリーダーとは〜
【日時】2016年7月19日(火)、20日(水)
【会場】日本生産性本部(東京都渋谷区)
-----------------------------
『モチベーション・マネージメント1日コース』〜部下を育て、信頼されるリーダーになるために〜
【日時】2016年8月26日(金)
【会場】JR大崎駅近隣セミナールーム(東京都品川区)
植田 寿乃(うえだ・ひさの) キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃

 IT業界の人材育成を目的に有限会社キューを設立。その後、人材開発業界に転身。「モチベーション・リーダーシップ」「経営陣、管理職の人間力アップ」「女性と組織の活性化」「メンター育成」に取り組み、各種オリジナルカリキュラムを開発し、研修・講演を実施。著書に『「女性を活かす」会社の法則』『キャリアセレブになる36の秘訣』『30歳からの幸せなキャリアの見つけ方』など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。