数年前まであった、退職金割り増しでの早期退職制度などやっている会社は、もう私の周囲には見あたりません。年金受給年齢が引き上がった以上、会社は雇い続けなければなりません。働く側も50代・60代の転職は非常に厳しく、起業はさらにリスクが高い。だから今の会社で働き続けることが収入面で一番安心です。しかし、彼らの多くのモチベーション状態は決して良くはありません。

 悩んでいたり落ち込んでいたりする人、被害者意識が強く不機嫌で周りに当たり散らす人、自分勝手に生きている人、割り切って淡々と言われたことだけをやっている人、こんな50代が増えているように感じます。それも、若い時に昭和世代の人生観に大きく影響を受けて「会社が命」と頑張ってきた人ほど、その反動が大きく起きているように思います。

50歳からの働き続ける喜びに気づき、目標を持つ!

 30代、全日空グループで部長をしていた頃の私は、なんのためらいもなく20代や30代の部下たちを鼓舞して、みずからが先頭に立ってアクセル全開でどこまでも登れるように感じていました。40代で、ある会社の社外取締役として研修部門の立ち上げを任された時も、実績と経験値をもとにした統率力で、第一線のリーダーとしてメンバーを引っ張っていくことが自然にできました。

 プライベートでは両親の介護などのストレスも最大限にかかっていましたが、責任の重さと充実感を比例して味わえていたような気がします。「苦しいけどまだまだ登れる」と思っていました。

 しかし、50代になった時、40代のその姿の継続が自分の在り方ではないことに気づきました。50代になって気づいた私自身の役割は、次の世代のリーダーを育て応援することです。つまり、「私を信じてついて来い」ではなく、「自分を信じて、私を超えていけ」です。この50代の役割の気づきは、私の大きな人生観の変化につながりました。今までの、自分が主人公で生きてきた人生から、人にスポットライトを当てる人生への変化です。

 しかし、その役割を果たしている時に、私自身が大きな喜びを感じることにも気づきました。見返りを期待せずに「人を育てること」「組織、会社に貢献すること」。それによって、感謝をされたり、必要とされたりする充実感、満足感は、お金や地位では得られません。そして、この感覚は、50代になったからこそ味わえるものだと思います。