時代の変化とともに電話くんはいなくなりました。でも、その代わりに現れたのが「スマホくん」です。10分ごとにスマホをチェックしないといられない、病気かと思うようなしぐさをする人が、男性20人の研修で5人くらい。つまり、各テーブルに1人は見かけます。スマホを片時も手放せないその姿は、スマホに支配されているようです。スマホへのメールに何がなんでもすぐに返信しようとします。しかし、目の前に座っている人とのコミュニケーションはいまいちです。

 「皆さんがとても忙しいのは分かります。でも、この研修を自分で選んだからには、たくさんのものを吸収して帰りたいですよね。それには、研修中は仕事をすっかり忘れていただくことが重要です。スマホが胸ポケットに入っていれば、着信の振動で、開かなくてはならない気持ちになるでしょう。テーブルの上に置いたって、着信点滅が気になりますね。だからカバンにしまいましょう。休み時間がちゃんとあるのですから、その時に見てくださいね。でも、本当は、休み時間もせっかく研修で一緒になった人たちとコミュニケーションをしてほしいと思います。仕事以外での出会いの機会は意外に少ないですよね。ここで会った方と、すてきな信頼関係を育んでほしいと思っています」

 これまた、女性のクラスでは言うことがないメッセージを、男性だけのクラスでは最初に伝えなくてなりません。まるで、人見知りの子供に言い聞かせているのではと錯覚することがあります。男性のコミュニケーション能力は、昭和の時代、そして今も変わることがない。しかも、IT世代になったがゆえに、リアルコミュニケーション能力はさらに低下の一途をたどっているように感じます。

 リアルコミュニケーションが不得意な状態で、仕事はもとより、管理職ができるでしょうか? 皆さんの会社でも男性陣のコミュニケーション能力に目を向けてみてください。心配はありませんか?

植田寿乃氏のセミナー
-----------------------------
2018/9/27東京 50歳からの幸せなキャリアの見つけ方
2018/10/11・12大阪 「モチベーション・マネージメント」公開コース

植田 寿乃(うえだ・ひさの) キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃

 IT業界の人材育成を目的に有限会社キューを設立。その後、人材開発業界に転身。「モチベーション・リーダーシップ」「経営陣、管理職の人間力アップ」「女性と組織の活性化」「メンター育成」に取り組み、各種オリジナルカリキュラムを開発し、研修・講演を実施。著書に『「女性を活かす」会社の法則』『キャリアセレブになる36の秘訣』『30歳からの幸せなキャリアの見つけ方』など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。