管理職を降りた時の役割を提示することが重要

 したがって「役職定年」を、多くの50歳に突入する管理職は体験しなくてなりません。社会や会社の状況が分かってはいても、本人にとっては一大事です。そして何が一番心配になるのか。役職定年後の自分自身のことです。給料が減るということも少なからずショックを与えますが、それより何より、会社での自分の役割に不安を感じます。管理職でなくなったら、何をすればいいのか? どう働けばいいのか? 平社員の気持ちに戻って、若い部下の下で、文句を言わずにただ働けばいいのか?

 多くの企業は、定年前の社員に対して、退職金や年金など老後生活のためのファイナンシャルプラン・セミナーを盛んにやってきました。同じようなファイナンシャルプラン・セミナーを役職定年直前の人たちにやっている会社が多いようです。役定で給料がいくら減る、定年ではもっと減るという話に、参加者のモチベーションはダダ下がりします。給料が下がり続けるなら、会社では言われたことだけ、最低限の力で働いて、後は趣味に生きよう……という役定男性を私はたくさん見てきています。

 はっきり言って、ファイナンシャルプランというものは個人の事情です。今の20~30代はしっかり倹約してお金を貯めます。なぜなら、退職金も年金もあてにならないからです。終身雇用という“幻”の契約を信じてきた、昭和入社世代に対してのファイナンシャルプランのセミナーは、彼らの会社依存の気持ちを増長させていると私は感じます。個々にファイナンシャルプランを相談できる窓口はあったとしても、全員を集めてやる必要などありません。家計のこと、老後のことは、20~30代社員と同様、会社に依存せずに自分でしっかり考えなくてはならない、ということを自覚する必要があります。

 重要なことは、管理職を終えてからの会社での働き方、役割の提示です。50代からの役割は40代で担ってきた「責任」を降ろして「貢献」することです。会社や組織にしっかり「貢献」できているなら、50歳以上でも、いつまでも、会社や組織に必要とされます。「貢献」というのは、自らが出しゃばることなく、後進の育成のために、後進の求めに応じて自分の経験値や知識、スキルをすべて惜しみなく与えることです。まさに人生の先生「メンター」となることです。「メンター」として、後進の育成を一生懸命している50代を、私は最近、少しずつ見かけるようになりました。しかし多くはありません。

 役職定年と同時に、そこから先の役割を企業がしっかり提示し、彼らがそれを理解し体現できるようになれば、すべての人が生涯現役を目指しながらイキイキ働き、活力にあふれた会社になることは間違いありません。

植田寿乃氏のセミナー
-----------------------------
2018/11/7大阪 「成果に繋がる『働き方改革&ダイバーシティ戦略』重点事項」

2018/11/21福岡 「ダイバシティ・マネジメント研修」

植田 寿乃(うえだ・ひさの) キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃

 IT業界の人材育成を目的に有限会社キューを設立。その後、人材開発業界に転身。「モチベーション・リーダーシップ」「経営陣、管理職の人間力アップ」「女性と組織の活性化」「メンター育成」に取り組み、各種オリジナルカリキュラムを開発し、研修・講演を実施。著書に『「女性を活かす」会社の法則』『キャリアセレブになる36の秘訣』『30歳からの幸せなキャリアの見つけ方』など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。