このように、制度改定などのハード面では拾いきれない課題に対しては各社苦労しながら取り組みを進めています。以下、多くの事例から3つのポイントを紹介します。

育休復職時にコミュニケーションシートを活用する

 育児休業からの復職時に面談を実施する企業は多いと思いますが、その中で何を話すかは現場に任せきりになっていないでしょうか。出産を経て、人生における仕事の優先度が変わるタイミングで、復職後の働き方や今後のキャリアプランを確認しておくことは、復職後のコミュニケーションミスを防止するために、とても必要なことです。

 しかし、上司がこれらの内容をこと細かく聞くことは非常に難易度の高いことです。ですので、例えば事前にコミュニケーションシートという形で、上司と復職者に何を話しておくべきかを提示することが効果的です。結果、復職時の面談を有意義なものとし、両者の間に生じがちなギャップを埋めることが可能となります。

ロールモデルのバリエーションを増やす

 若手社員や復職してくる社員に対して、育児をしながら働くことが難しかった時代の社員の壮絶な体験談を話しても、共感は得られません。ロールモデルに成り得るような、自身の思い描くキャリアに近く、職種や働き方も似ている人となると、自分の知っている範囲で見つけることは非常に困難です。

 そこで社内SNSを使って、拠点や支社を超えて、多様な先輩の事例を紹介し、自身のイメージに合うロールモデルを探して相談できる仕組みを取り入れている企業があります。女性活躍推進法に伴う行動計画においても、「若手に対する多様なロールモデル・多様なキャリアパス事例の紹介/ロールモデルとなる女性管理職と女性労働者との交流機会の設定等によるマッチング」「職階等に応じた女性同士の交流機会の設定等によるネットワーク形成支援」などが例示されており、従来の押しつけ型ではなく、ロールモデルを探せる環境が必要なのです。

上司と復職者の相互理解を促進する

 共通認識や共通体験がないことは、円滑にコミュニケーションを取るうえで阻害要因となります。育休からの復職者とその上司の間では、育児と仕事との両立経験、部下のマネジメント経験がそれぞれにしか存在していないことも多く、共通認識づくりは非常に困難です。

 一例ですが、妊娠の報告を受けた上司が「どうするの?」と聞いてしまい、休業して戻ってくるつもりの本人からすると、不信感が生まれたという話はよく例示されるパターンかと思います。

 そこで、お互いの視点を疑似体験するために、それぞれの立場での発言が相手や周囲にどのように捉えられるのかを情報提供します。自分が経験のない立場に相手が立っている時にどのように思われるかというのは案外、想像がつかないものです。

 例示したようなソフト面の手当てがあって初めて、女性活躍推進のための土台が整います。企業における人の多様化が進めば、お互いのバックグラウンドが異なる中で相手を尊重し、理解することが必要となります。

 私たちは、ダイバーシティ推進に限らず、社内コミュニケーションによる人事課題解決のための手段として社内SNSを提供しています。以下のセミナーでは、詳細な事例をお話しいたします。

株式会社ガイアックス エアリー事業部 部長
佐原資寛(さはら・もとひろ)
横浜国立大学工学部卒。大学在学中より"人財育成"をテーマにした社内SNS「エアリー」事業メンバーとして参画し、企業のダイバーシティ推進支援を目的とした社内SNS「エアリーダイバーシティ」の立ち上げに従事。国内大手企業を中心に200を超える内定者フォロー、新人育成、研修後支援、女性活躍推進などを目的とした社内SNSの導入・運用支援を担い、2014年より現職。現在は国内最大手のテーマパークをはじめとしたクライアントへのコンサルティングを実施する傍ら、主に人事担当者向けに講演を実施。
採用のプロ×就職人気No.1企業が語る激変の採用環境でも、採用成功に導く極意とは

▼採用成功企業をゲストに迎え、セミナーを開催▼
【日時】5月25日(水)14:00〜17:00
【会場】株式会社ガイアックス セミナールーム(五反田駅徒歩7分)
【プログラム】
「関西就職人気企業ランキング1位企業が語る! 17卒採用を成功に導く手法とは」
株式会社日伝 東部ブロック総務課 福島 良企氏
「採用のプロが語る! 優秀人財がミスマッチなく入社するための極意とは」
パナソニック産機システムズ株式会社 人事・総務部 人材開発課 課長 山村 高史氏

【詳細・お申し込み】
http://fresher.jp/seminar/20160525/

無料セミナー「離職率4割減! 従業員満足度向上の鍵はコミュニケーションにあり

▼好業績企業の社内SNS活用、3つの成功事例▼
自然発生的な情報共有で、人財の定着率が劇的に改善した社内SNS施策とは?
導入社数延べ2,000社の実績の中から、特に大きな効果のあった成功事例を紹介!
・過去最高収益更新、なでしこ銘柄に選ばれたメーカーにおけるダイバーシティ推進
・6期連続売上増、食品メーカーにおける新入社員配属後フォロー
・V字回復を果たしたテーマパークにおける全社コミュニケーション
どこの会社にとっても永遠の課題である“従業員満足度”を向上させる、社内SNSの有効活用法をわかりやすく解説します。
【日時】6月9日(水) 13:00〜13:40
【会場】東京国際フォーラム(有楽町)

【詳細・お申し込み】
http://expo.nikkeibp.co.jp/hc/2016/seminar/popup/?id=S242