「ダイバーシティ&イノベーションリーダーズ(D&IL)フォーラム」(日経BP総合研究所が運営)では、企業のダイバーシティマネジメント推進を支援するため、参加企業の女性活躍度診断や年に数回の研究会を行っている。2020年6月4日、同フォーラムの2020年度第1回研究会がオンライン形式で開催された。この様子をリポートする(取材・文=坂下明子)。

 2020年度第1回の研究会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン形式による開催となった。今回の研究会では、企業の女性活躍推進をテーマに取り上げた。

 「日経WOMAN」(日経BP)と「日経ウーマノミクス・プロジェクト」(日本経済新聞社グループ)では「企業の女性活用度調査」を共同実施している。このたび2020年版「女性が活躍する会社BEST100」の結果が5月に発表された。これを受けて研究会では、同調査の審査に長年携わっている人材育成コンサルタントである、キャリアン代表取締役の河野真理子氏が「女性活用度調査2020の傾向と対策」と題する講演を行った。

オンライン会議システムで講演するキャリアン代表取締役/公益財団法人日本生産性本部 総合政策部 参与の河野真理子氏(上)、女性活用度調査の4つのポイント(下)

 河野氏は前置きとして、2019年度の日本企業におけるダイバーシティの進展状況に触れ、続いて「女性が活躍する会社BEST100」の総合ランキングで1~3位となった日本IBM、アクセンチュア、花王グループの施策について、過去10年間のランキングの推移や3社の特徴・共通点も含めて解説した。

 次に、現場体験を含めた女性リーダー研修、配偶者の転勤で退職する社員の再就職サポートなど、トップ10以外の企業からも注目に値する取り組みを紹介し、「順位に一喜一憂することなく、施策を根気強く継続して仕組みを作り上げ、新入社員から経営層までの各層に意識を浸透させることが大切」と強調した。

 「企業の女性活用度調査」では、「管理職登用度」「女性活躍推進度」「ワークライフバランス度」「ダイバーシティ推進度」の4つのポイントを採点の指標としている。これらは企業のダイバーシティ施策の策定や推進にも役立つとして、「この調査は自社の強みや弱みを整理し、目標を再設定するのに最適な機会。ぜひ、ダイバーシティの推進に活用してほしい」と述べた。