男性管理職の気遣いが女性の意欲を低下させている

麓:その目標数値達成のために、当社の研修も数多くご活用いただいております。男性管理職向け、女性社員向けなどいろんな研修をご覧になって、いかがでしょうか?

山内社長:特に男性管理職向けの研修がとてもよかったです。女性活躍推進といっても、何をすればいいか、どうすればいいかわからない男性は多い。育休から復職した女性に対して、育児が大変だからラクな仕事を任せようとか、気遣ってやっていたことが、実は女性の意欲を低下させているなど、講師の話は目からウロコでしたね。自分達が良かれと思ってしてきたことが、かえって女性を仕事から遠ざけていたなんて、思いもよりませんから(笑)。今までコミュニケーションを取っているつもりだった上司も、研修後はしっかり相手の考えを確実にキャッチするようになったようです。

麓:女性部下を育成できる上司が増えると、2020年までに30%という数値も見えてくるのでは?

山内社長:はい。入社直後は女性のほうが優秀なのに、気がつくと男女逆転しているのは、仕事の与え方にも原因があるはずです。例えば、お客様のトラブル対応が多い仕事は大変だからと男性にアサインする傾向がありましたが、あえて女性にも任せることで交渉力などの力がつきます。素質はあるのに、任せない。そういう仕事の与え方を変えていけば、パイプラインも形成されるはずです。

麓:では、女性のキャリアプラン研修の効果はいかがでしょうか?

山内社長:当社は定年後の再雇用含めると65歳まで働けます。研修では職業人生があと30年以上もあること、そして育児が落ち着いた後も20年近くあるんだということをお話いただき、皆、はっとしていましたね。長くても5〜6年先しか考えていない女性は多いので、若いうちから先のことを考えて、今何をすべきか、という気づきを得ることはとても良いことだと思います。今回の研修はキャリアアップについて考えている・いないに関わらず、課長代理手前の女性社員全員に実施しました。今後は手上げ式にして、課長代理から課長へ、課長から部長へとグレードアップしていく女性を育成するために、全部の層でキャリアアップを目指す女性社員に対し、研修を実施していく予定です。