(2018年5月15日にサイト「日経ウーマンオンライン」に掲載された記事を転載しています)

 今、多くの企業で女性が出産後も働き続けられるよう、両立支援制度が整備されてきています。しかし、半数近い女性が第一子の出産をきっかけに仕事を辞めているのが日本の現状です(※参考 男女共同参画白書H29年度版)。自らの希望で辞めたのか、辞めざるを得なかったのか、理由は人それぞれですが、今も出産後に専業主婦となる道を選ぶ女性がいます。

 これまで「一度会社を辞めて専業主婦になったら、単純作業のパートの仕事しかできない」といわれてきました。ところが今、深刻な人手不足を背景に、専業主婦も積極的に採用したいと考える企業が増え、再度キャリアを積み重ねていこうと働き始める元・専業主婦が増えてきているといいます。

 果たして専業主婦から再びキャリアを築いていくことは可能になってきたのでしょうか。また、キャリアにブランクがあっても採用され、活躍する女性はどんな人なのでしょうか。急拡大している専業主婦からの再キャリア市場について取材してきました。

増える、専業主婦の再就職

 「キャリアにブランクのある主婦層の採用市場は、求人数、求職者数共に年々拡大していて、年代も40代、50代まで広がっています」。そう話すのは、主婦層に特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関、しゅふJOB総研所長の川上敬太郎さん。

「元・専業主婦ですが、バリバリ働いています!」という人、増えています (C)PIXTA
[画像のクリックで拡大表示]

 背景には、有効求人倍率が1.59と歴史的な高水準となるなど、人手不足の深刻化により、求人数そのものが増加していることもありますが、採用した主婦の人が社内で活躍する姿を見て、その能力の高さに気付き始め、リピートする企業が増えてきたということがあるようです。

 とはいえ、主婦層の採用に積極的なのは、大企業よりも人手不足が深刻な、中小、ベンチャー企業が多いとのこと。業種、規模などは多岐にわたります。職種は意外と事務系が多く、求職者側も事務職を希望する人が圧倒的に多いそう。

 女性のキャリア支援を行うWarisで再就職支援事業を手掛ける小崎亜依子さんは、「女性に人気の事務職はベンチャーでニーズがあります。特に、経理や法務、人事などを一手に引き受けられる人材へのニーズは高いです。ただ、今は本当に優秀な人が採れないので、必ずしも高い専門性がなくてもポテンシャルの高い人がいたら採用したい、という企業が増えています」と話します。

有効求人倍率は驚くほど、きれいな右肩上がり 画像提供/Waris
[画像のクリックで拡大表示]