村尾:私はよく、玉虫色の発信をすると、玉虫色の人しか集まらない、という言い方をしています。知名度がない中小企業は、自分たちのカラーをハッキリさせることがとても重要です。

 研修に力を入れている会社はたくさんあるかもしれないけれど、100の研修プログラムを用意している会社はそう多くはありません。強いインパクトがあるので、その会社のカラーになります。カラーを出せば、それに合う人が来てくれます。それが、入社後の定着にもつながります。

伊藤:内定を断られると、あぁ、断られたよ……って社員も社長も傷つきますよね。だから、内定は乱発しない方がいい。それに、中小企業は社員の数が少なくて人間関係が絞られるので、特に、会社に合わない人が入った時のインパクトが大きく、自分たちを苦しめてしまう結果になることもあります。本当に来てほしい人だけをしっかり口説いて、しっかり内定を出す姿勢が重要です。なぜ辞退されてしまったのか、会う回数が足りなかったのか、アプローチ方法が違ったのか、あるいは会社のトイレが汚いのか。これらを振り返り改善していかないと、今、人を採れない会社は、3年後もずっと採れないままになりかねない。

 逆に言うと、中小企業は直せるところは素早く直せるので、フレキシブルに改善することで、人が採用できるようになるでしょう。

(構成:尾越まり恵)

 共著『できる社長は人が採れない』(日経BP)が発売になりました。本書は、中小企業に「採用ブランディング」の考えを広め、人材を確保しやすくするための教科書です。採用ブランディングを活用して採用難を乗り越えたり、克服している会社のケースをもとに、写真とともに分かりやすく解説しています。さらに、これまで目が向けられてこなかった「外国人」「高齢者」「障がい者」という人材に注目することで、この局面を乗り切っている会社もあります。「給与」「残業」「休暇」を工夫して人材を集めている会社も。実際に採用活動に臨んだ学生や若手社員による座談会では、あえて中小企業に苦言を呈してもらっています。人材不足に頭を痛めている経営者必読の一冊です。

詳しくはこちら