もちろん、気楽にとはいっても無計画ではいけません。無計画で突き進めば必ず挫折します。私は「失敗は失敗の元」と思っていますが、無計画による失敗体験は、あなたを学びから遠ざけてしまいます。

 確実に成功するように行動設計し、それに従って小さな行動を積み重ねていくことが、あなたの学びが実を結ぶカギとなります。

 行動設計には「スケジュールを組む」「スモールゴールを設定する」「リインフォース(ご褒美)を用意する」「環境を整える」「ツールを賢く利用する」といった流れが必要になります。

 これらはどれも、本連載を通して触れてきた行動科学マネジメント理論の核をなす要素です。社会人になってからの学びの成否を決めるのは、I Qではなく技術です。あなたの学びに、行動科学マネジメント理論を大いに活用してください。

 より詳しい内容を知りたいとお考えの方は、日経BP社より刊行された『学ぶ技術』をご一読ください。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。