こうしたことは、どんな分野、どんな企業規模でも起きます。危機管理において、現場のマネジャーが判断を下さねばならないことは想像以上に増える可能性があるのです。

 みなさんは今、とても過酷な状況にあるかもしれません。もし「何をどうしたらいいのか」と混乱しているなら、どうか行動科学マネジメント理論を思い出してください。

 慌てずに、やるべきことをチェックリストに落とし込み、誰がやってもできるようにチームで共有してください。

 限られた時間の中で、できないことまでやろうとしないこと。劣後順位の発想で「やらなくていいこと」を捨ててください。

 不安に感じていることをそのままに放置せず(放置していると増幅します!)、何が不安なのかを見える化し、それを取り除く具体的行動をとってください。

 間違っても根性論を持ち出さないこと。つまりは、合理性のある科学的な判断ができるリーダーでいることです。

 そして、今回の危機を、必ず糧に変えましょう。

 これほどの苦難を「喉元過ぎれば……」で終わらせることなく、将来の資産にしましょう。いずれ、多くの企業の多くのマネジャーたちと経験をシェアするのもいいでしょう。どうか、そういう日が来るまで共に頑張りましょう。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。