もちろん、チェックリストなどを作り、仕事の流れを見える化しておくことは非常に有効で、それを用意したA氏の労はたたえられるべきです。ただ、そこで終わってしまっては結果につながりません。それどころか、なまじA氏は「伝えた」と思っているだけに、最初から齟齬が生じてしまいかねません。

 A氏は、新入社員と一緒に、用意したファイルを用い、確認しながら作業を進める必要があります。

 新入社員と一緒に確認していく作業が重要なのは、それを通して教える側に「本当に伝わる言葉」が身につくという一面もあるからです。

 いかに、教える側が「ちゃんと伝えて」いても、教えられた側が行動で示してくれなければ「伝えていない」と同じこと。「あれだけ言ったのに」は、むなしい愚痴にすぎません。

 途中途中で確認しながら進めることで、「ああ、この言い方ではダメなんだ」と分かり、「どう言えば伝わるか」について、より精度の高い検証が可能になります。

 一方通行の教え方をしていないか、あなたも今一度、振り返ってみてください。

石田 淳氏のセミナー:
『教える技術』速習講座
「できない」社員を「できる」社員に育てる! “行動科学”で、あなたの部下指導法が劇的に変わります。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。