こうした基準なくして、上司の感覚で注意するから問題が大きくなるのです。

 今、「パワハラだと言われることが怖くて部下を叱れない」という上司が激増しています。上司は正当な指導だと思っていることを、部下がパワハラととらえるのは、そこに「人格否定」を感じるからです。

 「なんで、そんな靴履いてきたんだよ」という言葉の裏には、「お前は、そんなことも分からないのか」という人格否定があることを、部下は敏感に感じ取ります。そうではなくて、「会社の規定にあるとおり、スニーカータイプのものは、たとえ革製でもダメなんだよ」と指摘すればいいのです。

 パワハラについて、今、日本社会は大きな過渡期を迎えていると私は感じています。いたずらに怖がって部下育成に消極的になるのではなく、明確な行動基準を示していきましょう。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。