意識に訴えかけてもダメで、繰り返し行って習慣にしてもらうしかありません。

 習慣にするまでは、上司がチェックしたり、本人にチェックリストに書き込んだりしてもらうという作業が必要です。しかし、習慣になってしまえば、うるさく言わなくとも自主的にやってくれます。大事なのは、従業員は、誰でも陥る正常性バイアスに支配されているのだと理解することです。そのうえで、習慣化するまで根気よく繰り返してもらいましょう。

 災害時の避難も、似た側面があるのかもしれません。

 私自身、仕事が立て込んでいたりしたら、自分の身に危険が迫っても「大丈夫。それに面倒くさい」となかなか行動できないかもしれません。

 であるならば、「警報が出たら貴重品と防災リュックを持って公民館へ行く」といったことを、訓練で繰り返し行い、習慣にしてしまう方がいいでしょう。

 日常生活においても、ビジネスの現場でも、みなさんがあらゆるリスクに対して適切な行動をとってくださることを願っています。

石田 淳氏のセミナー:
『教える技術』速習講座
「できない」社員を「できる」社員に育てる! “行動科学”で、あなたの部下指導法が劇的に変わります。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。