もちろん、マニュアルを作ること自体は悪いことではありません。問題は、それをどう活用できるか。それによって、本当にあなたの部下が学びを得て成長しているかです。

 あなたは、会社のマニュアルを教科書として、部下に仕事を教えてあげたことがありますか? もしかして、それを無視して自分の感覚で教えていませんか? だとしたら、マニュアルはなんの役にも立っていないということになるでしょう。

 あなたにまず必要なのは、「入社して数年の部下たち(つまり、非常に大事な人材)が、ちゃんとした教育を受けていない」と認識することです。あなたが、「彼は有能だ」と評価している部下であっても、実は不安を抱えているのではないかと気づくことです。

 彼らに対する教育について、真剣に見直してみましょう。その時に、マニュアルが教科書として機能するなら、上手に活用してください。

 また、こうした問題を、全社的な課題として人事部門にも提案できたら最高です。

 いま、就職活動をしている学生たちが企業を選ぶポイントとして「ちゃんと仕事を教えてもらえるかどうか」が非常に大きな要素となっています。彼らの求めているそれは、入社時の研修を指しているのではありません。

 いまから、あなたが行動を起こすことは、新しく入ってくる貴重な人材を「辞めさせない」ためにも大きな意味があります。

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。