こうした状況について、マネジャー世代は「つらいですが、現実問題として、どうしようもないんです」と口をそろえます。しかし、これは大変に重要な問題で、「どうしようもない」で済ませるわけにはいきません。

 まず、それを続けていたら、マネジャー世代が疲弊してつぶれてしまうのは明らかです。

 加えて、「あんなに大変な思いをするのならマネジャーになんかなりたくない」と考える若者が増えてしまいます。どこからどう見ても、会社のためにもマネジャーのためにもならない結果が待ち受けているわけです。

 働き方改革について、「若い部下たちの働きやすさを最優先に考えよう」という上司の態度は立派です。しかし、「自分たちはその恩恵を受けられなくても我慢しよう」というのは、美徳でもなんでもありません。

 上司に求められているのは、上司自身の働き方改革です。C氏の事例でいうならば、どうしても夜の時間帯に在社しなければならないのなら、出社時間を遅らせるなどの抜本的変革が必要です。

 「そんなの、前例がないからできない」と思考停止してはなりません。今は、前例のないことを進めなければならない時期に来ています。

石田 淳氏のセミナー:
『教える技術』速習講座
「できない」社員を「できる」社員に育てる! “行動科学”で、あなたの部下指導法が劇的に変わります。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。