ほかにも、「上司が忙しそうだったから切り出せなかった」「○○さんに言っておいたのに伝わらなかった」「先輩も同じようにやっていた」などなど、いろいろな企業の従業員の口から、他責に置き換えた答えが次々と出てくるのを私は見てきました。

 「5回のなぜ」に限ったことではなく、あるメソッドを取り入れる時には、それなりの準備や学習、検証が不可欠です。それらを取り入れることが目的なのではなく、取り入れたことによってマネジメントの質が向上して初めて意味があるからです。

 以前から多くの企業で取り入れられているPDCAメソッドも、本当に活用できているところは少数派です。

  計画(P=plan)を立て実行(D=do)し、それを評価(C=check)して改善(A=action)していくという流れは、確かに重要です。しかし、そう理想を述べられても、多くの社員はどうしていいか分からないのが現実なのです。

  困ったことに、こうしたメソッドを表面だけまねることで、「やったつもり」になってしまうマネジャーもいます。良い結果につながっていないのに、やったと思い込んでしまうのは最悪。安易に流行のメソッドに飛びついてはなりません。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。