つまり、上司は無意識のうちにも「それは、おまえがだめなヤツだからだよね」という答えをすでに用意したうえで「どうして?」「なんで?」と問うている訳です。

 部下にしてみると、人格攻撃をされたに近い、とても傷つくやり方といえるでしょう。

 もし本当に、部下ができなかった原因、間違った原因を探りたいのであれば、「どこが分かりにくかったか」という行動に絞って聞いていくべきです。

 先の店長の例でいえば、「ガラス製品の包み方のどこが難しい?」と聞いて、実際に一緒になってやってみればいいのです。

 もう一つ、「前にも言ったよね」も部下をくじけさせる言葉です。

 「これ、先週も言ったよね」

 「もしかして、聞いてなかった?」

 こう責められて「忘れてしまいました」と正直に言う部下はほとんどいませんが、実際には忘れているのです。忘れてしまった部下に、「前にも言った」ということを指摘しても意味がありません。

 それよりも、覚えておいてもらえる仕組みをつくることです。言うだけでは忘れてしまうのなら、同じ内容のメールを送っておくとか、いくらでも方法はあります。

 大事なのは、部下に望ましい行動をとってもらうことです。嫌みったらしい言い回しを使って、部下に「私が無能でした」と認めさせ、上司が溜飲を下げることではありません。

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。