本当は誰だって、有休を使って旅行や趣味を楽しみたいはずです。

 でも、早くから休みのことを口にすれば、「今からそんなことばかり考えているのか。仕事をする気があるのか」と言われてしまいそうな空気が多くの職場にあります。

 ある知人女性は、「だから、どうしても休みたい予定がある時は、当日電話をして、体調が悪いと嘘をつくしかないんです」と嘆いていました。

 ずいぶんバカげた話です。

 部下が「体調が悪い」という理由でいきなり休むのと、「ハイキングに行きたい」という理由で1カ月前から有休申請をしてくれるのと、どちらがいいでしょう。仕事の効率を考えたら後者であることは言うまでもありません。

 マネジャーが率先して、有休を取得しやすい環境をつくっていきましょう。

 そのうえで、仕事を属人的なものにせず、誰が休んでいてもスムーズに回る仕組みを構築しましょう。

参考書籍:
40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術
石田 淳 著 / 日経BP社

石田 淳(いしだ・じゅん) 株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者
石田 淳

 米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月には、世界一過酷なマラソンといわれるサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&トライアスロンともに完走を果たす。著書に、『短期間で社員が育つ「行動の教科書」』(ダイヤモンド社)、『40歳を過ぎても「会社に必要とされる人」でいるための学ぶ技術』(日経BP)など多数。

株式会社ウィルPMインターナショナルHP
社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
石田淳ブログ

email:support@will-pm.jp

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。