FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド 著 / 上杉周作、関美和 訳 / 日経BP / 1,944円(税込) / 400ページ

 「もう40も超えているのでこれから起業するような歳でもありませんが……」という発表をしてくださったのは今年43歳になるという某企業の課長職の方だった。私が担当する働き方改革のワークショップで「起業という働き方」についてグループ討議の結果を発表してくださった時のことだ。

 こんな発表を待っていた。なぜなら調査データを確認すれば、日本でも米国でも起業する年齢は40代が一番多いからだ(※)。しかも年齢が高くなってからの起業は、安定的な成長を示すというデータもある。この事実を知ると、ほとんどの人が「起業という新しい働き方」というテーマに興味を示すようになる。ワークショップの参加者が“自身の人生デザインと働き方を再考する”にあたり、“起業”も選択の一つに加えることができたのだ。

 メディアでよく目にするTシャツにジーンズ姿の若い起業家。その躍動感あるイメージと事業戦略のインタビューから“起業は若い時にするもの”という思い込みを持っていることが多いのではないだろうか。事実とデータを皆で共有すれば新しい視点を持つことができるのだ。

 「ファクトフルネス」とは “データや事実にもとづき世界を読み解く習慣”のことだ。専門家や学歴の高い人がとらわれやすい10の思い込みに気づき対応することで、世界をより正しく見るスキルが身につくと定義されている。「人が何かを選択しようとした時」の正解率は、チンパンジーがランダムに返答した33%の正解率よりも下回る。もちろんチンパンジーの場合、事柄を“理解”をしたうえでの正解率ではない。ところが、日々メディア情報に触れ、難しい言葉を扱い、議論をする私たちには多くのバイアスがかかっていて正しく物事を見ていない可能性がある。そんな事実にハッとさせられる一冊だ。

・人間は「良いこと」より「悪いこと」の方が目につきやすい
 (人事関連の例でいえば、昔の方が社員は皆優秀だったし良い時代だったとして過去を美化しがちになる)ことや、
・人間は無意識に二極化して考えがちである
 (人事関連の例でいえば、高齢社員と若手社員に分けて単純比較する)などをはじめ、私たちが物事をつい単純化し、データを見直すことを失念して陥るバイアスについて、その対応方法が興味深い事実とともに紹介されている。

 思い込みでは世界は変わらないし、会社は良くならない。これからますます情報があふれる中、人々が事実に基づいて世界を見る習慣をつければ、世界は少しずつ良くなると著者のハンス・ロスリングは説いている。

 私たち人事・人材育成担当者が発信する言葉や情報は、私たちが愛する社員やステークホルダーの意思決定や行動に影響力を与えるだろう。だからこそ、私たちは今一度、ファクト(データや事実)との向き合い方や捉え方を見直す時間が必要ではないだろうか。そんな時間をもつことの大切さを教えてくれるお薦めの一冊だ。

(※)「中小企業白書」 2017年版
(※)“Age and High-Growth Entrepreneurship”by Pierre Azoulay et al., NBER, April 2018 by HBR ORG.

参考書籍

世界の経済学 50の名著 (LIBERAL ARTS COLLEGE)
T・バトラー=ボードン 著 / 大間知 知子 訳 / ディスカヴァー・トゥエンティワン / 2,916円(税込) / 755ページ

池照 佳代(いけてる・かよ) 株式会社アイズプラス 代表取締役
池照 佳代

 約14年間、マスターフーズリミテッド、フォードジャパン、アディダスジャパン、ファイザー等で一貫して人事を担当。2006年法政大学経営大学院在学中に同社を設立。人材・組織開発コンサルタントとして、企業向けに人材採用・教育、人事制度設計支援・コンサルティング、ダイバーシティ・女性活躍推進施策企画、エグゼクティブコーチング、EQ(感情知性)開発支援を提供している。加えて、NPO法人キーパーソン21(キャリア教育の全国普及)理事、NPO法人IC(インディペンデントコントラクター)協会理事として活動。キャリア、働き方、起業支援や講演も多数。CDA(キャリアデベロプメントアドバイザー)、EQGA公認トレーナー。SEI EQプラクティショナー・アセッサー(国際認定資格)。The Bob Pike Groupプロフェッショナルトレーナー。
●アイズプラス https://is-plus.jp/
●ブログ http://isplus1.hatenablog.com/
●フェイスブック @iketeruisplus

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。