池照 佳代
アイズプラス 代表取締役

<パワーポーズ>が最高の自分を創る
<パワーポーズ>が最高の自分を創る
エイミー・カディ 著 / 石垣 賀子 訳 / 早川書房 / 1,836円(税込) / 384ページ

 この書籍の元となったTEDトーク「ボディランゲージが人をつくる」は、著者がハーバード・ビジネススクールでの研究テーマであるボディランゲージの効用とともに、彼女自身の過酷な経験談が人々の共感を呼んだ。結果、TED歴代2位のビュー記録を誇るという。

 私自身、初めてこのTEDを見た際には深く共感を覚え、体が震えるような感情を持ったことをまだ覚えている。自分自身が感動を覚えたこのTED映像を、私はある企業での女性リーダー研修プログラム内で紹介した。半年間のプログラムのスタート時、自信のなさからか泣きだしそうな顔付きでクラスにいたある女性は、彼女自身のワークとしてこのTEDで紹介された<パワーポーズ>を日課として取り入れていた。そして、4カ月後に「トイレに入ってバンザイのポーズをするようになりました」とちょっとはにかんだ笑顔で報告してくれた。その顔付きは、当初とは明らかに違う自信に満ちた表情だった。

 この書籍の英語原題は、『Presence』=プレゼンス である。この書籍の解説によると、自分の気持ちや考え、価値観、可能性に耳を傾け、自然にそれを表現できている状態であり、目の前の瞬間に集中すること、とのことである。大小の差はあれ、誰もが日々のストレスや困難に立ち向かいながら、時に自信をなくし、なかなか本来の自分が出せなくなっている。望む結果を手に入れるため自分自身にパワーがわいてくるように、本来の自分が発揮できるように仕向けるための1つの方法が<パワーポーズ>ということである。

 本書では、ストレスフルな状況下でも自信を高めるしぐさ=〈パワーポーズ〉について書かれている。著者自らの実体験や世界中の人びとから寄せられたストーリーや関連研究をベースとし、採用面接、プレゼンテーションの極意、そしてトラウマ克服やリーダーシップの発揮方法まで、様々な場面で役に立つ実践法が紹介されている。

 人事、人材育成担当者のみならず、ちょっと弱ってしまった心をもったすべての方に一読してほしい。きっと私のプログラムの受講生である彼女のように、そしてこのストーリーから元気づけられた私自身のように、小さな変化に取り組み続けることで必ずポジティブな望ましい変化があると確信するからである。人によっては少し時間がかかったとしても、この小さな「ふり」が大きな力になると確信している。

参考書籍

『影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果』
スティーブ・J. マーティン、ノア・J. ゴールドスタイン、ロバート・B. チャルディーニ 著 / 安藤 清志、曽根 寛樹 訳 /誠信書房 / 2,376円(税込み) / 309ページ

池照 佳代(いけてる・かよ) 株式会社アイズプラス 代表取締役
池照 佳代

 約14年間、マスターフーズリミテッド、フォードジャパン、アディダスジャパン、ファイザー等で一貫して人事を担当。2006年法政大学経営大学院在学中に同社を設立。人材・組織開発コンサルタントとして、企業向けに人材採用・教育、人事制度設計支援・コンサルティング、ダイバーシティ・女性活躍推進施策企画、エグゼクティブコーチング、EQ(感情知性)開発支援を提供している。加えて、NPO法人キーパーソン21(キャリア教育の全国普及)理事、NPO法人IC(インディペンデントコントラクター)協会理事として活動。キャリア、働き方、起業支援や講演も多数。CDA(キャリアデベロプメントアドバイザー)、EQGA公認トレーナー。SEI EQプラクティショナー・アセッサー(国際認定資格)。The Bob Pike Groupプロフェッショナルトレーナー。
●アイズプラス https://is-plus.jp/
●ブログ http://isplus1.hatenablog.com/
●フェイスブック @iketeruisplus

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。