池照 佳代
アイズプラス 代表取締役

最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓
最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓
ムーギー・キム 著 / 東洋経済新報社 / 1,728円(税込) / 376ページ

 書店で手に取って読まずにはいられなかったのがこの書籍である。ひときわ目を引くブルーの装丁で、何か規則性を感じる文章の並び方と文字の大小やマーカー使い、カバー裏面には書籍100万部突破記念を想定したスピーチの原稿がびっしりと書かれていた。

 著者のムーギー・キム氏は日本をはじめ世界各国で、金融関係やコンサルティング関係など多種多様な仕事を経験し、世界中の上司や部下、一流のビジネスパーソンと仕事をともにした経験をもつ。このような経験から、彼自身が世界中の一流の上司やビジネスパーソンに怒られ、説教され、また感心してきた「働き方」や「生き様」をまとめたのがこの書籍である。

 いわば、業界や職種を問わず、世界基準で「最高水準の仕事をするプロフェッショナルたち」の具体的な行動や考え方を、彼独自の視点でまとめたトップ77項目を紹介している。いわゆるグローバルエリートと類されるような人々の朝起きてから夜寝るまでの、具体的な働き方と行動が著者のユーモアを交えた文体で紹介されており、誰もが「あ、これなら自分もできる」と思えるような具体的な事例集となっている。彼自身が見聞きし、声をかけられた事実がベースとなっているため、読みながらそのシーンがさも目の前にあるような感覚にとらわれる。

 類する書籍は比較的多くあるが、この書籍で特に感銘を受けたのは「発信の方法の工夫」である。「はじめに」もあるが、楽しく、そしてビジネス書籍によくあるような上から目線ならぬ下から目線を目指した「読みやすさの追求」、読者の記憶に残ることを目指した印象的な「イラストの挿入方法」、またコラムや実例の紹介方法などの細部に「こだわり」が感じられる。

 書籍として読者に「伝える」よりも、「どうやったらより伝わるか」を突き詰めた集大成であることが感じられるのである。ビジネス書というよりも、さらっと読める漫画本にも近い書き方も「何度も手に取って読み返してほしい」という発信コンセプトを表したものだ。

 人事・人材育成担当者である我々の仕事は、どちらかといえば情報提供側に立つ仕事が多い。内容として「何を伝えるか」ももちろん大事だが、「どう伝えるか」を軽視しているケースはないだろうか。何かを伝える、教える、徹底させるなどという業務にとらわれるあまり、少し上から目線になった仕事をしていないだろうか。私自身はこの書籍を手にしてそんなことを自問自答したりした。内容の具体性はもちろんであるが、著者の「こだわりの表現方法」にもフォーカスしながら読み進めることを勧める一冊である。

参考書籍

『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』
久賀谷 亮 著 /ダイヤモンド社 / 1,620円(税込) / 256ページ

池照 佳代(いけてる・かよ) 株式会社アイズプラス 代表取締役
池照 佳代

 約14年間、マスターフーズリミテッド、フォードジャパン、アディダスジャパン、ファイザー等で一貫して人事を担当。2006年法政大学経営大学院在学中に同社を設立。人材・組織開発コンサルタントとして、企業向けに人材採用・教育、人事制度設計支援・コンサルティング、ダイバーシティ・女性活躍推進施策企画、エグゼクティブコーチング、EQ(感情知性)開発支援を提供している。加えて、NPO法人キーパーソン21(キャリア教育の全国普及)理事、NPO法人IC(インディペンデントコントラクター)協会理事として活動。キャリア、働き方、起業支援や講演も多数。CDA(キャリアデベロプメントアドバイザー)、EQGA公認トレーナー。SEI EQプラクティショナー・アセッサー(国際認定資格)。The Bob Pike Groupプロフェッショナルトレーナー。
●アイズプラス https://is-plus.jp/
●ブログ http://isplus1.hatenablog.com/
●フェイスブック @iketeruisplus

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。