日本は、氷山の見えている部分が非常に少なく、水面下の部分が非常に多く、ほんの少し発せられた言葉や表情、行動などから、多くを察することが常識だとされる「察しの文化」だといわれます。英語でももちろん「Read between the lines(行間を読む)」という表現はあるのですが、それでもアメリカは比較的、見えている部分が多く、水面下の部分が少ない氷山の形をしており、それは、見えている言動に頼ったコミュニケーション方法を取る、いわば「言葉の文化」といわれます。

 冒頭の日本人上司とアメリカ人部下の例は、まさにこの「言葉の文化」と「察しの文化」の違いから起こった誤解です。上司は、「難しい」と言えば、それは「No」の意味だと相手も理解できる、との前提で話しをしていました。さらに言うならば、日本の文化においては、直接的な表現を避けることで、コンフリクトや不調和を回避する傾向にあるため、「No」ではなく、「難しい」という婉曲的な表現をすることで、調和を崩さぬまま「No」の意図を伝えるのが「暗黙の了解」です。

 しかし、アメリカの文化では、直接的かつ論理的なコミュニケーションをとる傾向にあるため、「No」という意図があるならばはっきりと「No」と伝えます。逆に言うならば、はっきりと言葉で表現されないならばそれは存在しないこと、または重要でないこと、と受け取られますから、「難しい」と言われれば、「ハイレベルな課題が与えられた」つまり「この難題をクリアできたらすごいじゃないか!チャレンジングだ!!」と受け取ってしまい、「No」どころか、「自分の高評価につながるよいチャンス!」だとの逆の理解が生じ、コミュニケーションの溝が広がってしまう原因となってしまったのです。

論理的なメッセージを心がける

 もちろん、直接的な表現を好むアメリカといっても、礼儀や相手への尊重の念はもちろんありますので、頭ごなしに「No」と言えばよい、ということではありません。論理的に、かつ、極力含みのない表現を使って、「No」であること、そして「なぜNoなのか」を明確に伝える、ということが大事です。

 例えば、アメリカ人部下に対しては、こんな回答をしていれば、誤解は免れたことでしょう。
「君の提案は良い提案だね。しかし会社としてはそれを実行することはできない。なぜならば、我が社は現在厳しい局面に立たされており、新たな取り組みは、低予算かつ短期間で成果を上げる必要があるからだ。君の提案は、成果が上がるには高予算かつ長期間かかるという点が最大の懸念点だ。したがって、その提案は採用することができない」

 日本人同士であっても、人によって、会社によって、あるいは部署によって、文化や価値観が異なります。できるだけ、含みを持たせず、論理的な伝え方を工夫してみると、社内外でのプレゼンも、グンと効果・効率が上がるかもしれませんね。

リップシャッツ 信元 夏代(りっぷしゃっつ・のぶもと・なつよ)

アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役
ブレイクスルー・スピーキング代表

リップシャッツ 信元 夏代  早稲田大学商学部卒。ゼミ専攻は「異文化コミュニケーションとビジネス」。NYUにてMBA取得。1995年に渡 米後、伊藤忠インターナショナルにて鉄鋼、紙パルプ業界の営業・事業開発に携わる。その後マッキンゼーに て消費財マーケティング・事業プロセス改革などの業務に携わった後、2004年に、事業戦略コンサルティング 会社のアスパイア・インテリジェンス社を設立。
 TEDxTalk スピーカー。2013年、2014年春季トーストマスターズインターナショナルの国際スピーチコンテス トでは、日本人初の地区大会優勝2連覇を果たしている。この経験を受け、2014年9月にブレイクスルー・スピ ーキングを設立。グローバルに活躍したい日本人のためのグローバルパブリックスピーキングのE-learningプ ログラムを中心に、個人コーチングセッション、企業内研修等も行う。
BREAKTHROUGH Speaking: http://www.btspeaking.com

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。