リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 皆さんは、スピーチしている時の自分の癖を知っていますか? ついつい腕を組んでしまう、緊張して身体が左右に頻繁に揺れている、調子を取ろうとするたびに手を合わせてしまう、手のやり場が分からず後ろで組んだままになっている、顔に落ちてくる髪の毛を耳にかける動作を何度もしている、ネクタイや袖などを知らず知らずのうちに触っている……などなど。スピーチ中のしぐさは、結構自分では気づかぬまま、ついつい癖が出てしまうもの。

 しかしボディーランゲージから発せられるメッセージは、非常に大きいのです。実は、発する言葉よりも聞き手に大きな影響を与えるものなのです。

目は口ほどにものを言う

 アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアン博士は、コミュニケーションを行う際、話し手が聞き手に与える影響はどのような要素で形成されるかを研究しました。その研究結果によると、話し手の印象を決めるのは、話の内容などの言語情報(Verbal)が7%、口調や話のスピード、声質などの聴覚情報(Vocal)が38%、見た目やしぐさ、表情、動きなどの視覚情報(Visual)が55%の割合である、ということが分かりました。これをメラビアンの法則、といいます。

 つまり、話し手の印象は、言葉以外の非言語的な要素で93%の印象が決まってしまい、言語的な部分は1割にも満たない、ということです。

 もちろん誤解していただきたくないのは、スピーチの内容は、精緻に研ぎ澄まされた冴えた言語表現や優れた構成、効果的な技法などを巧みに組み込んでいくことが非常に重要だ、ということです。つまり、準備段階では、徹底的に構成面に時間をかけ、力を入れることが大切なのです。ですから、非言語が93%なのだから言語表現をなおざりにしてもなんとかなる、という考えは大間違いです。

 メラビアンの法則は、徹底的に考え抜かれた準備段階があってのこと。あくまで、スピーチを実際にデリバリーする際にいえる法則である、ということをここで強調しておきます。

意味のある動きでメッセージを印象づける

 ではデリバリーの際、どんなボディーランゲージを心掛ければ、聞き手に良い印象を与えられるのでしょうか。特にグローバルな環境でのスピーチを想定してみたいと思います。