即席スピーチのコツその3:「○つの例をお話しします」と数字を出してしまう

 PREPで難しいのが、Exampleのところです。具体例が出せずにぼやけてしまったり、あるいは、だらだらと話が広がってしまい、ポイントを忘れてしまったり、というケースを何度も見てきました。これを防ぐためには、例を挙げる際、1つでも3つでもいいのですが、「○つの例(ストーリー、など)をお話しします」と数字を出してしまいましょう(その後、話を進めながらも必死で頭をフル稼働させ、○つの例を考えるのですが……!)。

 つまりこういうイメージです。

私がお伝えしたい要点はこれです(Point)。なぜならこういう理由だからです(Reason)。ではなぜそう言えるのか、3つの例をお話ししましょう(Example)。まず1つ目は〜。2つ目は〜。最後に3つ目は〜。この3つの例で言えるように、要点はこれなのです(Point)。

 こうすることで、話の構成に、さらに分かりやすいロードマップが加わり、聞き手にとっても、後に続く話の内容が理解しやすくなります。

 即席スピーチに強くなるには、練習を積み重ねる以外方法はないのですが、上記のような3つの基本ポイントをマスターするだけでも、死にも勝るスピーチの恐怖はだいぶ和らぐことでしょう。

ウェビナー申し込み受付中
文化や言葉の壁を打ち破り、人々を魅了する、グローバル・パブリックスピーキング
リップシャッツ 信元 夏代(りっぷしゃっつ・のぶもと・なつよ)

アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役
ブレイクスルー・スピーキング代表

リップシャッツ 信元 夏代  早稲田大学商学部卒。ゼミ専攻は「異文化コミュニケーションとビジネス」。NYUにてMBA取得。1995年に渡 米後、伊藤忠インターナショナルにて鉄鋼、紙パルプ業界の営業・事業開発に携わる。その後マッキンゼーに て消費財マーケティング・事業プロセス改革などの業務に携わった後、2004年に、事業戦略コンサルティング 会社のアスパイア・インテリジェンス社を設立。
 TEDxTalk スピーカー。2013年、2014年春季トーストマスターズインターナショナルの国際スピーチコンテス トでは、日本人初の地区大会優勝2連覇を果たしている。この経験を受け、2014年9月にブレイクスルー・スピ ーキングを設立。グローバルに活躍したい日本人のためのグローバルパブリックスピーキングのE-learningプ ログラムを中心に、個人コーチングセッション、企業内研修等も行う。
BREAKTHROUGH Speaking: https://www.btspeaking.com

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。