リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 日本では東京都知事選キャンペーンが繰り広げられていましたが、アメリカでは、次期大統領選のキャンペーン真っただ中です。

 共和党大会では、皆さんもご存じの通り、メラニア・トランプのスピーチが、2008年のミシェル・オバマのスピーチから一部盗用されていた、として大きな物議をかもしました。

 メラニア・トランプは英語のノンネイティブですので、「文化や言葉の壁を越えて心を動かすグローバル・パブリックスピーキング」をコンセプトにしているブレイクスルー・スピーキング™では、彼女がどんなスピーチをするのか、は非常に関心を寄せていました。

 生放送で彼女のスピーチを聞いていた時には、ノンネイティブ、かつ、これまで「しゃべり」が仕事の一部ではなかった彼女の堂々とした立ち居振る舞いから、間のとり方、滑舌、声のトーンや抑揚まで、相当練習したのだな、と感心していました。そして演説直後には、彼女のスピーチは素晴らしかった、成功だ、との評価も多く聞かれました。しかしながら、スピーチを盗用していたかどうか?という議論は置いておくとして、彼女のスピーチの構成面を見てみると、重要な課題点がいくつも見られました。

オープニングで分かるスピーチの勝敗

 スピーチには、「7秒-30秒ルール」というのがあります。聞き手は最初の7秒で、話し手の印象を決め、30秒で、聞くに値する話かどうかを判断する、というものです。筆者はこれまで多くのスピーチを聞いていますが、最初の30秒を聴いただけで、そのスピーチの勝敗がおおよそ予測できます。

 ではまず、メラニア・トランプのオープニングを分析してみましょう。

【メラニア・トランプ】
“You have all been very kind to Donald and me to our entire family. It’s a very nice welcome and we are excited to be with you at this historic convention. I’m so proud of your choice for the president of the United States, my husband, Donald J. Trump.”

 明らかな失敗パターンです。日本人もよくやってしまうスピーチの落とし穴の1つでもあるのが「非礼なる礼儀」です。つまり、最初に主催者にお礼を述べたり、自分の感謝の念を伝えたりして「礼儀正しさ」を全面に押し出すつもりが、実は「非礼」になっているのです。