リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 去る8月20日にワシントンDCでトーストマスターズの国際スピーチコンテスト世界決勝が行われ、筆者も観戦しにいってきました。今年の優勝者はシンガポール在住で、英語がネイティブではないアジア人男性、ダレン・テイさん。快挙です。2位にはアメリカ、フィラデルフィア在住の黒人男性、アーロン・ビバリーさん、そして3位には、カリフォルニア在住のアジアン・アメリカン女性、ジョセフィーン・リーさんが入賞。なんと3人ともまだ20代という、トーストマスターズ史上、トップ3名の合計年齢が最も若い入賞者トリオとなりました。

 この国際スピーチコンテストは、第1次予選は1月頃から始まり、世界決勝が行われる8月頃まで、有に半年以上の時間をかけていくつもの予選が世界各地で実施され、世界決勝に至ります。各予選では、1位優勝者のみが次の予選に進める、という仕組みで、今年は総勢約3万人のコンテスタントが第1次予選に挑戦しました。かくいう筆者も、2013年、2014年には、ニューヨーク州の決勝入りを果たしています。

 これらのいくつもの予選を勝ち抜き、世界3万人から最終的に世界決勝に残った10名のファイナリストたちは、当然どれも素晴らしいスピーチでしたが、トップ3名のスピーチはやはり圧巻でした。これらのスピーチには、共通した成功の秘訣がありました。今回はその秘訣についてひもといてみたいと思います。

パワフルなオープニングとクロージング

 本コラムでもお話しした7秒-30秒ルール。聞き手は最初の7秒で話し手の印象を決め、30秒で、話の内容に興味があるかどうか判断する、というものです。つまり最初の7秒で聞き手の注目を一気に集め、30秒でスピーチ全体の重要メッセージを予期させて話がどう展開されていくのか、興味をそそらなければなりません。

 今年見事世界チャンピオンに輝いたダレン・テイさんのオープニングは秀逸でした。彼はまず無言で手をスーツのポケットに突っ込み、カルバン・クラインの白いブリーフを取り出して体の前で広げて見せます。さらに無言のまま、なんとそのブリーフをスーツの上から履いて、数秒間ポーズをとります。まだ一言も発していないのに、もうこの時点で観客は爆笑の渦です。そして一言目、「“新しいユニフォーム”は気に入ったかい? 負け組くん!」といういじめっ子のセリフでストーリーは始まります。ダレンさんが14歳の時、いじめの対象になっていた時のストーリーが繰り広げられるのですが、このストーリーで彼が伝えたかったことは次のことです:

「もしあなたが、いじめにあったことがなかったとしても、自分で自分をさげすんだり過小評価したりしたことはないでしょうか? 誰でもあるでしょう。でもそれはいわゆる内面での自己いじめ、といえるのです。つまり私たちはみな、何らかの「いじめ」の経験があるんです。ここから脱するためには、自分が恥ずかしいという思いを自己認識し、そこから脱し、完全に取り除いて堂々と前を見ることです」

 このメッセージを象徴するのが、実は白いブリーフです。ダレンさんは白いブリーフをユーモアの源としても効果的に使いながら、クロージングで、メッセージを視覚化するために非常に巧みな使い方をします。
「自分の恥ずかしさをまず認めよう」→白いブリーフに再度注目を寄せ、「ぼくはこんなブリーフを表に履いてしまっているんだ。それを僕は今認めている」 「そしてそんな気持ちから脱しましょう」→白いブリーフを脱ぎ、片手にぶら下げる。
「そしてそれを捨て去って、前を見て進みましょう」→白いブリーフを投げ捨てる。