リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 10月26日と27日の2日間にわたり、筆者はスピーチブートキャンプに参加してきました。これは国際スピーチコンテストの2001年世界チャンピオンで、スピーチ界で一番人気のコーチであるダレン・ラクロイを中心に、彼のコーチだったという1995年世界チャンピオンであるマーク・ブラウン、さらには、ウィル・スミスなどをコーチングする、ハリウッド映画のスクリプトコンサルタントであるマイケル・ヘイグの3名による、丸々2日間のブートキャンプです。

 このブートキャンプでは、希望者(5名まで限定)は初日に自分のスピーチを参加者全員の前で発表し、その場で3人から約1時間にわたるコーチングをみっちり受け、そのアドバイスをもとに一晩でスピーチを改善して2日目に再度発表し、さらにまた約1時間コーチングを受ける、というもの。もちろん、3人のコーチのほかに、参加者たちからもいろいろなフィードバックがあり、インターアクティブかつ白熱したセッションが繰り広げられます。

 通常は筆者もスピーチコーチとして、日本人グローバルリーダーがさらに国際舞台で飛躍できるよう、コミュニケーションのお手伝いをさせていただいていますが、今回は自分自身も進化すべく、立場を180度変え、「希望者」として登録し、特訓を受けました。

 改めて、コーチの価値を再認識した2日間でした。どんなにレベルが上がってきたとしても、自分自身では気づかないポイントはたくさんあります。

 例えば、コーチからいろいろな角度で質問をされることで、テーマを掘り下げていくことができたり、自分自身には当たり前のことでも、聞き手の立場で聴いてみると、まったく当たり前ではなかったり、違和感があったり、また、自分が伝えたいと思ったメッセージが実はその通りに伝わっていなかったり、というケースは多々あります。

 今回、世界トップレベルの3人の異なる視点からアドバイスを受けることができ、筆者自身、スピーチコーチとしての視野も深められたと同時に、現役スピーカーとしてもまた一歩前進できたように思います。今回アドバイス受けた中で、すべてのスピーカーに共通して役に立つと思われるコツを共有したいと思います。

改めて肝に銘じた3つの「すべき」と2つの「すべからず」

 スピーチを行う際に心がけるべきポイントは山のようにあるのですが、その中でも筆者にとって今回改めて肝に銘じたのは下記の3点でした。

①どんなスピーチでも、聞き手の感情を引き出すべし!

 人は感情の生き物です。どんなに正確なデータや事実、論理があったとしても、それだけでは人の心は動きません。どんな内容・目的のスピーチであっても、たとえそれが学会での研究発表であったとしても、感情を引き出すストーリーがあって初めて聞き手の興味を引き、共感を呼び起こし、強い印象を与え、メッセージを記憶に残し、行動や意識改革につなげることができるのです。そして感情を引き出す方法はたった1つ。「ストーリー」です。

 今回のコーチング「希望者」には、医師が2人いました。初日には事実・データ満載で、スピーチ内にストーリーを組み込むことに抵抗を感じていたお2人でしたが、通常慣れ親しんでいる自身の安全圏を思い切って飛び越え、ストーリーを描いた2日目にはがらりと印象が変わり、伝えるポイントは全く同じでも、説得力と共感力が何倍にも跳ね上がっていました。