リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 2016年最後の号となりました。1年の締めくくりとして、「スピーチの締めくくり」を効果的に行う方法についてお話しします。

リーセンシー効果を利用するクロージングが重要

 人は、一番最後に聞いたことを最も覚えている、といわれます。これをリーセンシー効果と呼びます。1つの文の中であれば一番最後の単語を、そしてスピーチであれば最後のクロージングで述べたことが最も印象強く残るのです。

 今年のアメリカ大統領選挙中の民主党大会でビル・クリントンが行ったスピーチを例に挙げると、このような一文がありました。
「In the spring of 1971, I met a girl.」
しかし通常はこのような語順が自然です。
「I met a girl in the spring of 1971.」
しかし後者の語順だと、最後にきている単語、つまり1971年という年に何か重要な意味がある、と受け取られ、「Girl」は誰か分からない女の子、となってしまいますが、語順を前者のように変えただけで、「Girl」が重要であると感じられ、つまりその「Girl」とは、ヒラリー・クリントンのことだ、と聴衆はすぐに分かるのです。実際この一文を言っただけで、聴衆からは大きな拍手と歓声が沸き起こりました。

 一文のなかでもこれほど最後の単語が重要なのですから、スピーチの最後に伝えるメッセージはいかに大切な意味を成すか、お分かりかと思います。どんなにすばらしい内容のスピーチだったとしても、もし最後のクロージングが弱かったとしたら、聞き手はあなたのスピーチがあまり素晴らしいものではなかった、という印象を持って会場を後にしてしまうことでしょう。

 ではスピーチのクロージングに強いインパクトを持たせるには、どのようにしたらよいのでしょうか。4つのコツをお伝えします。

その1:シグナルを出す

 クロージングに入る前に、そろそろ終わりにきているというシグナルを出してあげましょう。しかしインパクトを出すためには、単に、「In conclusion」や、「In summary」、などというのではなく、もう少しクリエイティブな表現が必要です。たとえば、「Let’s wrap things up」、「As we come to the end of the road」などです。

 なぜそのままクロージングに入るのではなく、わざわざシグナルを出すべきなのか。それは、聞き手の集中力が上がるからです。そろそろ終わりだ、と分かった時、人は「これから大事なメッセージが語られる」、または「大事なまとめが行われる」と感じ、アンテナを立てて聞くようになるものなのです。