「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」では、紙オムツの宅内処理などに関する提案を優先課題として2018年から求めている。LIXILの「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減の取組」は、その一つだ。使用済み紙オムツを破砕して水溶液で処理した後、オムツ成分を分離して回収する。介護施設に導入して、実際に使って効果を検証する。

LIXILの「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減の取組」に用いる紙オムツ処理機の設置イメージと処理機の構造イメージ。このイメージは、国土交通省が設定する3種のうちの「破砕・回収タイプ」(Bタイプ)に当たる(資料:LIXIL)

破砕装置と分離回収装置をワンパッケージ化

 国土交通省では紙オムツの下水道への受入に向けた検討を進めている。その一環として、「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」では、2018年度から紙オムツの宅内処理に関する提案を優先課題として求めている。LIXILの「破砕・回収型紙オムツ処理による介護負担と環境負荷低減の取組」は、この課題に対応する提案だ。

 国土交通省は2018年3月に公表した「下水道への紙オムツ受入実現に向けた検討ロードマップ」の中で、3つの処理方式を示している。LIXILの提案は、「破砕・回収タイプ」(Bタイプ)に相当する。トイレ個室内から投入した使用済み紙オムツを破砕し、屋外に設置した分離回収装置で固形物を分離して回収する方式だ。

 LIXILでは、グループ会社で介護付き高齢者施設を運営していることもあり、使用済みオムツの処理が介護の現場で課題になっていることは把握していた。本格的に開発に着手するきっかけとなったのは、2018年3月に国交省が「下水道への紙オムツ受入実現に向けた検討ロードマップ」を公表したことだ。これをきっかけに、オムツ処理の開発が本格化した。

 LIXILの提案のポイントは、使用済み紙オムツを破砕して処理する点だ。開発を担当したLIXIL Water Technology JAPAN デザイン・新技術統括部 技術研究所 機構技術開発Gの福本克久主幹は、「確実に破砕できる機構と、どのくらい破砕するか、その加減が難しかった」と語る。

 検討ロードマップに示された破砕・回収タイプは、各フロアに設置する破砕装置と、屋外に設置する分離回収装置、両者をつなぐ専用配管で構成する。処理の流れは次の通りだ。

  1. 各フロアの破砕装置に使用済み紙オムツを投入
  2. 専用配管で屋外の分離回収装置まで搬送
  3. 分離回収装置で、固形物のオムツ成分を分離し回収。水分は下水道に送る

 LIXILでは今回、破砕装置と分離回収装置がワンパッケージになった処理機の開発に取り組む。既存施設では、専用配管と屋外施設の新設が難しいケースが多いと考えるからだ。

国土交通省の検討ロードマップに示された「破砕・回収タイプ」。(1)各階の破砕装置にオムツを投入 (2)専用配管で屋外の分離回収装置まで搬送 (3)分離回収装置でオムツ成分(固形分)を分離回収(資料:LIXIL)
LIXILが開発するオムツ処理機は、破砕装置と分離回収装置がワンパッケージになっている。専用配管などの設置が難しい既存施設にも導入しやすい利点がある(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]

オムツ一つの処理時間は5分以内に

 LIXILのオムツ処理機では、使用済み紙オムツを一つひとつ投入して処理することを想定している。これは、介護施設の紙オムツ交換作業を調査した成果だ。ここで想定するオムツの交換作業は次のようなものだ。

  1. 介護スタッフは手を洗うなど身なりを整え、暖かいおしりふきと替えオムツを用意する
  2. 各室でオムツを交換する。
  3. 使用済み紙オムツは汚物処理室の紙オムツ集積所に運ぶ

 特に福本氏が着目したのは、介護スタッフがオムツを交換するたびに汚物処理室に使用済みオムツを運び、身なりを整えて次の交換に向かう点だ。「介護スタッフは、入居者の尊厳を大切にして毎回身なりを整えるため、汚物処理室を利用している。開発に当たって、介護スタッフの生の声を聞けたのは大きい」(福本氏)。

 LIXILでは、オムツ一つの処理時間として5分くらいを目標としている。これも、実際の交換作業を分析した上で設定した目標値だ。

介護施設における紙オムツ交換作業の流れ。準備として身なりを整える。各室でオムツを交換する。使用済みオムツを汚物処理室に運ぶ。ここで再び準備を整え、次の交換に向かう(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]

廃棄物の処理費用が減額できれば運営者にもメリット

 検証では、「廃棄量」と「臭い」を主な課題として設定している。臭いの問題は、処理室に使用済みオムツを置いている段階で独特の臭いがすることから注目した。これについては、介護スタッフだけでなく、施設の入居者も気にしているという。処理室の周辺はもちろん、処理室から搬送するために部屋の前を通った際や、エレベーターで一緒になった際に臭いを感じるからだ。「回収したオムツをすぐに処理すれば、臭いの問題は改善できるはずだ。臭いの成分を分析するなどして検証したい」(福本氏)。

 廃棄量については、重さや体積を計測する。オムツ処理機の導入によって使用済みオムツの体積は6分の1程度、重量は3分の1程度になると予測している。そうなれば、搬送するスタッフの作業負担を低減できる。施設の運営者にとっては、処理費用の低減にもつながる。「廃棄物の処理費用は自治体によって異なるので一概には言えないが、コスト面でメリットがあればオムツ処理機の導入を判断する上でプラスに働く」と福本氏は語る。

 また、紙オムツを破砕するので、サイズが5mm以下のマイクロプラスチックについて対策を検討する。例えば、オムツ処理機からの廃液を下水に送る場合、分離装置のフィルターでろ過してマイクロプラスチックを分離するなどの対策が考えられる。この課題も含め、廃液の水質についても実証の中で検証していく計画だ。

紙オムツに含まれるプラスチック成分を分離機で回収する(資料:LIXIL)