東京都小平市の武蔵野美術大学。休講日にもかかわらずアトリエには制作に励む学生たちの姿がちらほら見えるキャンパスの一角で繰り広げられる「デザイン論」は、深みを増していきます。 

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を打ち出し、広島の自動車メーカー、マツダの改革をデザインで牽引してきた人物、前田育男と、その中学・高校時代の同級生、仲森智博(日経BP総研フェロー)が、同大学の学長・長澤忠徳と語り合う「相克のイデア」。後半の始まりです。

(撮影:栗原克己)

―― 一度、デザインに携わっている方に聞いてみたかったんですが、最近よく聞く「デザイン思考」って、結局のところ何なんでしょう? なかなか腑に落ちる説明を聞けたことがなくて。課題解決を図ったりイノベーションを起こしたりするために活用できるデザイナーの思考方法とか、一般には言われているみたいですが。

前田 デザイン思考って言葉自体、僕も含めてプロのデザイナーはあまり使っていないかも。

長澤 デザイナーって、専門分野でもなんでも軽く超えることができるんです。他の職業と違って、何かを作ろうとなったら、どんなものでも使いますから(笑)。それこそプラスチックが使えないんだったら、和紙を使ってみよう、みたいに、越境して作り出すんです。そういった柔軟な考え方が、いわゆるデザイン思考かな、と思うんですよね。

前田 デザイナーにとっては、今さら言葉にする必要もない当たり前の思考方法なのかもしれませんね。

長澤 そうですね。デザイン思考を勉強したからって、デザインができるようになるわけじゃない。あくまで「考え方」です。逆に言えば、そんな簡単にデザインができるわけがない。デザインを構成する様々な専門分野は、ほとんどが自然言語(社会において自然に発生して用いられている言語)がベース。要するに辞書に載っている言葉を使って考えるんですね。デザイナーはそういった、多種多様な専門分野をまとめ、意思や考えも含めて形にする「ナラティブ型」のアプローチが必要とされるのですが、それを可能にしているのは、自然言語では説明しきれない部分をカバーする「造形言語」とも言うべき表現を身につけているからなんです。

長澤忠徳氏 武蔵野美術大学 学長
(撮影:栗原克己)

前田 デザイナーとしてフォルム作りが本分にはなりますが、僕はやりたいことや哲学を表すために言葉も大事にしています。言葉も形の一部。ビジュアルと組み合わせて表現することで、より正確に思いや考えを伝えられると考えています。

長澤 そういった感覚や思考を身につけるには「空気」に触れることが大事になってきます。例えば、武蔵野美術大学に来れば、「美大生らしさ」を持つ学生がたくさんいるんですよ(笑)。休み中でも大学に来て、頼まれなくてもずっと絵を描いているような。課題が出てこなければ何もしないような人は近寄れないくらいの気迫です。そういった、ものづくりに真剣に向かい合っている人たちに接することで、デザインや造形といった世界のリテラシーを身にまとっていけるはず。そんな人、マツダにも山のようにいるでしょう?

前田 いますよ、たくさん。「変態」が最上級の褒め言葉になるような、クルマとクルマ作りが好きで好きで仕方ないやつらが(笑)。

長澤 そんな空気に触れるのは、美大に来る大きな意義のひとつだと思います。ただ、大学はお金を払って苦労する場所なんですよね。企業のものづくりの現場とはそこが異なる。

前田 そうかもしれません。私たちも数年前から広島市立大学芸術学部と共同して「共創ゼミ」を開設しました。そこで社会に必要とされるものづくりを、学生たちに学んでもらおうという活動をしています。自動車メーカーとしてのノウハウも伝えながら、ユーザーやクライアントといった相手のあるものづくりを学んでもらうのですが、活動を続けていくうちに、学生たちのマインドがどんどん変化していく感じが分かる。その様子には、私も大いに刺激を受けています。

長澤 本学でもこの4月から新たに誕生した市ヶ谷キャンパスで、企業と連携した実践的な学びをスタートさせています。そこでは授業やゼミから生まれた事業コンセプトや実践的なワークショップを通じて社会にコミットしていく実験的な場を提供し、学生達に切磋琢磨してもらいたいと考えています。

前田育男氏 マツダ 常務執行役員
デザイン・ブランドスタイル担当
(撮影:栗原克己)

前田 それは興味深いですね。

―― 話は変わるけれど、前田はデザイン部門の責任者として、ある方向付けをする役割も担っているよね。決断をする時に、心がけていることってあるの?

前田 一番求められる資質は「直感力」かな。即断しなければならない場面が多いから。この直感の精度を上げるためには経験がどうしても必要。一つひとつの判断をした後で「あの時はなぜそう思ったのだろう」と、結果の成否も加味しながら反芻し続けることで、次第に自分の中で「基準」ができてくる。

―― 直感で思い出したんだけど、こんな話があるんです。DNA構造を解明しようと多くの学者たちが競い、様々なモデルを提唱していた頃のこと、アメリカのジェームズ・ワトソンという学者が研究結果から導き出したのが、例のはしご型の二重らせん構造だった。その模型を作って共同研究者のフランシス・クリックにそれを見せたら、彼は「なんて美しいんだ、これが正解に違いない」と見た瞬間に断言したんだそう。世紀の発見の瞬間だけど、「これが真実である」という確信が客観的なデータとかじゃなくて「美しい」という主観から湧き出たって部分がすごく印象的だと思うんですよ。

©iStock.com/akinbostanci

前田 確かに。「美しい」と直感的に感じ取れる能力は、ものづくりやデザインに限らずとても大事なんだろうね。

長澤 「美しい」は、やはり重みがある言葉ですよね。でも僕たちはよく、「美しい」みたいな意味で「きれい」という言葉を使います。でもこの「きれい」って言葉は「ビューティフル」という意味でも使うけど、「クリーン」という意味もありますよね。例えば「街がきれい」って、ゴミが落ちていないクリーンさを指したりする。でも、その状態は必ずしも「ビューティフル」ではないですよね。少なくとも「極限の美」のような重みを感じることはない。

前田 「美しい」ものには、恐らくある絶対値があって、その領域に達したものは、人種や性別などを超えて伝わると思っています。そう実感する体験がありました。2017年にビジョン・クーペという車をローンチした時、ステージ上で、バッとベールを取り払って、音楽とともに、お披露目するという演出をしたんです。アンベールの瞬間に歓声が上がることを期待していたのですが、シーンと静寂の空間になってしまったんです。

―― 前田も流石にヤバいと思った?

前田 まさに。「全く受けなかったのか?」と、不安になったその時に、皆がウワーッと声を上げて立ち上がってくれたんです。自慢話みたいになってしまいますが「マツダの車もどうにかこの領域にまでは到達できたかな」と感じました。

(画像提供:マツダ)

長澤 その感覚、分かる気がします。見た人が、一瞬息が詰まるほどの美しさを提示することができたんですね。実際、日本のプロダクトデザインは、前田さんたちのように美しさをたたえた製品をもっと作り出せるはずなんですよ。なかなか突き抜けたものが出てこなかったのは「クリーン」を至上としてきたからかもしれません。

―― 千利休の有名な話があるじゃないですか。客を招くために、弟子たちに庭をきれいに掃かせた。ゴミひとつない状態になったところで、やおら利休は木を揺らして落ち葉を少し散らしたっていう話。落ち葉ひとつない状態はきれい。利休にとってその状態は、美しくはなかったんですね。

長澤 なるほど。現在の日本の街並みは、それこそ落ち葉もないくらいに清潔だけれども、だから美しいとは限らない。重みみたいな観点でいえば、やはり欧州の街並みの方に軍配が上がります。イギリスの何百年も経ったレンガづくりの家屋がある中を最先端の車が走っていっても違和感がないような、ちょっとやそっとではビクともしない重厚さがありますよね。それを考えると、車のデザインにもお国柄の違いは出てくるんじゃありませんか?

前田 歴然と表れます。例えばインテリア。日本の車はフラッシュ、つまり表面の滑らかさを強調する車が多い。でも、特に最近の欧州車は、部品ごとのマテリアルの「厚み」を出す傾向が強いようです。立体的なんですね。この感覚は、建物のデザインと共通項が多いと感じています。欧州の建物の窓は、ガラスが壁より内側についているので厚みがある。一方、日本は、壁との段差がなくて表面が滑らかですよね。どちらがいい、悪いという話ではありません。ただ、日本のカーデザインにおいては「奥行き」を出すという意識は薄いと思います。

©iStock.com/theendup

―― マツダの車が他の日本車とは異なった見せ方をしているから、欧州でも人気を得ているのかもしれませんね。例えば、エクステリアで特に意識していることとかある?

前田 奥行きを感じさせることを意識しているね。一般的に、「つるん」としたデザインにすると、「何もなさ」にデザイナーが怖くなってしまい、その結果たくさんラインを足してしまう。でも小手先の処理になってしまうので、面はたくさんできるんだけど、奥行きの感じられないデザインになってしまう。我々は、これから展開していく新世代商品で、光の反射を利用して、「陰影」によって奥行きを感じさせることにチャレンジしてるんだ

長澤 僕ね、もう1つ前田さんに聞きたいことがあったんです。

前田 怖いですね、何でしょう?

長澤 僕もそうなんですけれど「クルマ好き」って、基本的に外観に魅力を感じて、その車を欲しくなるわけですよね。ところが手に入れて、いざ乗り込んでしまうと、運転者は走行中の姿を見ることができない。どんなに美しいクルマに乗っていても、自分には見えない(笑)。これは不満だよね。せいぜいできるのは、信号で止まった時に道端のウィンドウへの映り込みでプロポーションを確かめるくらい。これ、なんとかなりませんか。

―― 確かに。大好きなものって、見たいときに見られてニヤニヤできないとね(笑)。それで万事解決ってことはないだろうけど、一番長く接するインテリアとエクステリアとの整合性を上げるのは手かもしれませんね。確かロードスターではエクステリアの一部がそのまま車内に回り込むような処理をしていたような記憶が。

前田 その手法は既にやっていますね。一般的にカーデザインにおいて、インテリアとエクステリアのデザイナーって全く別の職種になるんですよ。別々にデザインを進めて、最後の段階で合体させることが多いんです。でも、そのやり方だと、おっしゃったようなちぐはぐさが出てしまいがち。なので、マツダでは、初期の段階から、インテリアとエクステリアを合体させて、ドアを実際に開けた時にどんな質のインパクトがあるか、ここから見たらどう見えるか、といったシミュレーションを重ねて、ディテールを決めていくようにしています。デザイナーも両方の部署でシャッフルしていますし。

(画像提供:マツダ)

長澤 そこまでやっていたんですね。改めて、前田さんは車の世界で大きな「変革」を成し遂げてこられたんだな、と思います。創立90周年を迎えた我々が新しい学部を運用していくにあたっても、ヒントをたくさん頂いた気がします。

前田 恐れ入ります。

―― マツダは来年が創業100周年だったよね。話を蒸し返すけど、やっぱり数台だけのプレミアムカーを作って欲しいな。それで、欧州のクルマ好きたちを唸らせてもらいたい。

長澤 そう! ぜひ考えてください! 世界的にも突出して近代化され、しかもデザイン大国にもなった日本で、工業製品の代表たる「日本車」を象徴するようなアイコンがないのは、デザインに携わってきた者として、ちょっと寂しいですよ。

―― 長澤さんにここまで言われたら、前田も覚悟を固めなきゃ(笑)。

前田 それを作るためには、まずはそれだけの価値を認めていただけるブランドになってないと。相当な覚悟が必要ですね。

長澤 日本のプロダクティビティを変える気概でやってくださいよ。次の展開で、そういったアイコンたるプロダクトが出てきたら、まさに「デザインが日本を変えた」ことになるでしょう。

―― きれいにまとめていただきました。

前田 今日はいいお話をありがとうございました。

 「美」とは何かを軸に、互いに響き合った知の巨匠との談義は、数々のヒントを提示して収束しました。次回からは再び京都へと向かい、現代の伝統文化の担い手と語り合います。乞うご期待!

(撮影:栗原克己)

(文:常緑編集室 服部夏生)

前田育男 マツダ 常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当
1959年生まれ。修道中学・高等学校、京都工芸繊維大学卒業。1982年にマツダに入社。横浜デザインスタジオ、北米デザインスタジオで先行デザイン開発、FORDデトロイトスタジオ駐在を経て、本社デザインスタジオで量産デザイン開発に従事。2009年にデザイン本部長に就任。デザインコンセプト「魂動」を軸に、商品開発、展示会や販売店舗のデザインなど総合的に推進するプロジェクトをけん引した。2016年より現職。

仲森智博 日経BP総研 フェロー
1959年生まれ。修道中学・高等学校、早稲田大学理工学部卒業。1984年沖電気工業入社、基盤技術研究所にて結晶成長の研究などに従事。1989年日経BP社入社、日経メカニカル(現日経ものづくり)編集長、日経ビズテック編集長、日経BP未来研究所長などを経て2018年から現職。早稲田大学研究院客員教授なども務めた。『思索の副作用』(電子出版)、『自動運転』(共著)など著書多数。日本文化、伝統工芸の分野での仕事も多く、「技のココロ」(連載、共著)、『日本刀-神が宿る武器』(共著)などの書籍、記事がある。